探偵をしていると色々な人間模様を垣間見る事があります。
ある案件で、金の切れ目が縁の切れ目ということわざがズバリ当てはまる様なものを見た事があります。
どんなに仲良く付き合っていたとしても、金を貸すのを止めたら、又は貸したのに返さないから返せと言ったら、借りてる側は去っていく事が多いものです。
友人や懇意にしている親戚と、ずっと友好な関係を続けたかったら、お金や物の貸し借りはしないほうが良いでしょう。
また、お金を貸さなかったからといって、去っていくような者とは、そこで切れてしまったほうが後々トラブルに巻き込まれる事もないので、去る者は追わずが良いでしょう。
貸金の回収での行方調査を受ける事がありますが、金を借りたまま逃げてしまうような者はろくでもない奴ですから、見つけた所で、お金が返ってきた試がありません・・・
であれば、無駄な調査費をかけないほうが良い場合もあります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社