代理人を付けず、配偶者の浮気相手に対して交渉する場合、伝える言葉には十分に注意しましょう。
浮気相手が会社員や公務員の場合、又社会的地位が高い人の場合、勤務先や関係先に浮気トラブルを知られるのを恐れるというケースがよくあります。
その為、浮気相手に対して「慰謝料を払わないと会社に伝える」等と言ってしまう人もいるのですが、脅迫罪や名誉棄損罪になる可能性もあるので、言わないほうが賢明です。
仮に浮気相手に伝えるとしても、当回しに「慰謝料を払わないと、給料の差し押さえ等によって、トラブルが会社に知られてしまいますよ」程度にとどめておいたほうが良いでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社