事実上、夫婦関係が破綻している場合、その後の男女関係は「不貞行為」となりません。
ただし、家庭内別居程度であるとか、仲が悪い、口論が絶えないという事だけでは、破綻とはいえません。
破綻と認識される代表的なものは完全な「別居」です。
完全な別居生活をしている事と、その年数が問題になります。
別居したばかりだとか、1年程度では、破綻とは認められません。
では、何年なら破綻となる別居期間なのかというと、法律家でも意見が分かれるところのようです。
知り合いの弁護士のいうところでは、2年以上別居すると、環境の背景によっては破綻と認定された例があるようですので、巷に流れている5年の別居で破綻とか思っていると、手遅れになることになりかねません・・・
なので、配偶者の不倫が原因の場合は、早いうちに不貞行為の証拠をとらえておく事が大事となります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社