浮気の証拠とは、婚姻関係にある者の場合は、不貞行為の証拠を言います。
不貞行為とは、性行為の事であり、キスや抱擁程度では不貞行為とはみなされません。
では何が証拠となるのかというと、ラブホテルの出入りが代表的な証拠と言えます。
ラブホテルは性交渉をする場所として認識されていますから、そこへ男女が入って一定時間滞在していれば、不貞行為をしたと認識されます。
最近では車で済ます不倫カップルも増えていますので、車での性交渉の現場を確保できれば、これ以上は無いという証拠となります。
食事をしていた、車でドライブしていた等の行為では不貞行為とは認められません。
また、メールやライン、SNSでの文面を撮影しておくのは大事ですが、それのみでは間接的な証拠としかなりませんので、それだけで離婚裁判をしてしまうのは時期尚早です・・・
また、不貞行為の継続性が裁判では重要視されますから、複数回の証拠が必要です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社