自宅で出来る、配偶者の行動調査の一つに、電車やバスで使用するスイカやパスモのデータを収集するというものがあります。
家電量販店に売っているカードリーダーとフリーソフトがあれば、自宅のパソコンで乗車と降車の駅と日時の履歴が確認出来ます。
まだ、配偶者が油断しているうちに、財布やバックの中から取り出して、データを集めてしまいましょう。
そしてデータを保存し、後で間接証拠として使用する事が出来ますし、探偵に調査依頼する時の調査日の設定や、調査の起点を定める等の重要な資料として活用も出来ます。
ただ、再度言いますが、まだ「油断」して無警戒なうちに行わないとダメです。
また、パソコンの操作に時間が掛かると見つかる可能性が上がるので、事前に操作の練習しておくと良いでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社