本格的なインフルエンザの季節になりました。
調査員も、インフルエンザを発症した状態で現場調査はとても無理なので、予防するのが大事となります。
ニュースで医師が解説していましたが、カテキンの含まれているお茶をこまめに摂取するか、お茶でうがいをすると、口腔内のウイルスを排除できるとのことです。
ここで大事なのが、カテキンが含まれているかどうかであり、濃度は関係なく、回数が重要のようです。
カテキンが含まれているお茶とは、茶葉を使用したお茶であり、緑茶や紅茶等が代表的で、逆にカテキンが無い、又は微量で効果が期待できないのがルイボスティーやマテ茶、麦茶等とのこと。
濃度じゃなく回数と言われる理由は、確かに濃度が濃いとウイルスを排除できる効果は高いですが、次々と侵入してくるウイルスに対して、その都度飲用かうがいをしないと意味がないという理由から、お茶の濃さではなく、回数となるようです。
結論としては、カテキンが含まれているお茶をこまめに飲用するかうがいに使用するのがインフルエンザ対策として効果があるという事らしいです。
40度の熱で仕事は出来ませんし、他の人に感染させてしまう事にもなりますから、インフルエンザになったら、1週間程度は休むしかありません。
とてもそんな休暇は取れないという方がほとんどでしょうから、予防するのが一番の対策でしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社