2018301

Monthly Archive

バレンタインを回避・・・

201830131 | : ■ブログ日記

秘密裏に浮気をしている人の場合、男女のイベントの日には、普通に家に帰ることが多いです。
男女のイベントの日とは、バレンタインやホワイトデー、クリスマス、又は誕生日などがあげられます。
2月にはバレンタインデーがありますが、当日に浮気をするかどうかは、夫婦の関係性や配偶者の浮気の考え方によります。
例えば、完全に冷え切っている夫婦であり、普段から家庭内別居の状態で、帰宅時間など全く関係ないのであれば、バレンタインデー等のイベントの日に平気で浮気してくる可能性は高いですが、良好な夫婦関係を維持しながら、外では他の異性と遊んでいるという人の場合、わざわざ疑われるような日に浮気はしないでしょう・・・
ただ、バレンタインデーの場合、チョコを貰うためだけに会うという事も考えられますが、チョコをもらっただけでは不貞行為にはならないので、無意味な調査になってしまいます。
しかし、浮気相手が判明していない状況であれば、相手を特定するという意味での調査には意味が出てきます。
これらを総合的に考慮し、依頼人様と調査日を決めていく作業を事前に致します。
それによって、空振りの調査が発生するのを極力抑え、調査料金を低減させて、依頼者様の負担を軽減する努力を当社では致しております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

やめられない浮気・・・

201810129 | : ■ブログ日記

これまでに、多くの浮気調査をしてきましたが、浮気をしている対象者の中には、浮気中毒にでも掛かっているような病的な人も居ました。
何度も浮気が発覚しているのに、どうしてもまたやってしまう。
浮気が原因で二度も離婚しているのに、三度目の結婚後にもまた浮気してしまう・・・
中には、本当に病的な依存症の方もおりました。
当社の調査で浮気の証拠をつかみ、二度と浮気はしないということで、配偶者に許してもらった対象者が、数か月後にまた浮気したので、再調査してほしいという案件もありました。
依頼者様の心情を思うと、とても気の毒になります。
本物の病気にも治らないものがあります。
浮気と言う病気も、人によっては一生治らないのかもしれません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

体験した事の無い寒波・・・

201870128 | : ■ブログ日記

東京で-3度で騒いでいますが、茨城は都心部よりも北なので、-6度以下になる日も出て、これまでに味わったことの無い寒さになっています。
東北や北陸、北海道に行ったときは-10度以下や-15度などという信じられない寒さを体験しましたが、単日だったり数日で帰ってきた事や、極寒の地では、屋内の暖房施設が充実している為か、外では寒いのは当たり前なのですが、屋内ではポカポカだったのを記憶しています。
しかし、そのような寒さにはならない関東地方では、通常はエアコン程度で暖をとれるので、今年の様な寒さだと急には対応できず、身体にこたえます・・・
ホームセンターや家電量販店での、ストーブの購入が相次ぎ、売り切れ店が出ているようです。
夜の仕事が多い探偵の冬支度は、いつもは万全なのですが、今年は想像以上の寒さだった為、凍える調査員が出てしまいました・・・
車での張り込みが多い地方の探偵ですが、エンジンを切っている為、車の暖房は使えません。
なので、携帯カイロや防寒着の重ね着をして寒さをしのぐのですが、今年はそれに加えて、ウエットスーツの素材の防寒着を着用して対応しています。
いい加減、この大寒波に去ってもらいたいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

スマホの中身で証拠になるもの

201850126 | : ■ブログ日記

スマホには、個人のデータが集積されています。
不倫をしている配偶者のスマホには、その不倫の証拠となるデータが入っている可能性が高く、スマホの中身を見られれば、なんらかの証拠を得られると思われます。
しかし、不倫=不貞行為の証拠となるものというのは、不倫相手と性行為があった事を証明するものなので、それと認識されるものでなければ、価値の無い証拠となります・・・
弁護士に相談された依頼人の話を聞くと、単純にメールやラインも証拠となりますと弁護士から言われ、普通の何気ない会話の様なラインの文章を撮影し、それを不倫の証拠として配偶者を問い詰めてしまったという案件がありました。
不倫相手とメールやライン等での関係がある事実はつかめても、性行為までしている関係である事を証明できていないので、しらを切られてしまい、さらには警戒が強くなり、巧妙な手段で不倫をするようになってしまったとのこと・・・
弁護士さんも説明はもっと詳しくしてあげないといけませんね。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

フリーダイヤルからの電話は・・・

201840125 | : ■ブログ日記

0120で始まるフリーダイヤルの電話番号からの営業電話が多くとても迷惑です。
ナンバーディスプレイが標準の現在では、電話に出ないという方法や、出ても即座に切ってしまうという回避方法があります。
最近では0800で始まるフリーダイヤルが出てきて、080で始まる携帯電話の番号と混同して出てしまう事がありますが、080の次が0の場合、相手は営業電話がほとんどですから、相手にしないほうが良いでしょう。
どうせろくでもない物やサービスを押し売り同然で売りつけようと、言葉巧みに錯誤させて契約させようとしてくるだけですから・・・
もし話を聞いてしまって、相手から 「今しかない」 「あなただけに」 というような言葉が出たら、絶対に断わりましょう。

「結構です」だと了承したと言い出す悪質な所もありますから「必要ない」「断る」という言葉を使って、気にせずに電話を切ってしまいましょう。
自分を騙そうとしている相手に丁寧な対応をする必要はありません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵ランキングサイトの嘘・・・

201830124 | : ■ブログ日記

先日から、ネットの広告会社から営業の電話が入るので、とりあえず少しは話を聞いてみるかと思って話を聞いてみたら、探偵社のランキングサイトの営業でした。
探偵社に順位を付けて、上位5位程度を大々的に取り上げるサイトなのですが、既に全国的な探偵社の似たようなサイトが蔓延しています。
これらの多くは、探偵社がネットの広告企業と結託して作ったサイトで、自分のHPのSEO対策と広告を同時に行えるというもので、そこに他社を抱き込み、広告料を取って、自社の負担を軽減するという悪質なものです。
だいたいが、探偵の順位付けの根拠は何なのでしょうか?
年商なのか、調査力なのか、会社の規模なのか、それらについては何も書かれていません・・・
本当に困って探偵に依頼しようとしている人を錯誤させるような、このような営利目的だけのサイトはあってはならないものです。
このような詐欺まがいのサイトに騙される事無く、探偵社に直接問い合わせをして、探偵選びをしてほしいと思います。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査日の選定は賭けです・・・

201810122 | : ■ブログ日記

ピンポイントで調査日を決めるのは、一つの賭けと言っていいでしょう。
これまでの経験での対象者の動きの予測は、探偵にも出来ますが、その日に間違いなく動くという断言は出来ないのが現実です。
ですから、調査日の決断は、依頼者様にして頂く事になります。
ただ、事前に対象者の行動サイクル等をデータをとっておけば、怪しい日を特定する事ができますので、やみくもに調査をするのではなく
対象者の行動を監視する期間を作ると良いでしょう。
その後に調査日を設定すれば、結果が出る確率はぐっと上がります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

慰謝料の相場

201870121 | : ■ブログ日記

配偶者の不倫相手に対して、慰謝料を請求する場合の相場はいくらなのか?という疑問があると思います。
裁判になってしまった場合の判例上の相場は
離婚になってしまった場合で100万円~300万円
夫婦関係が修復された場合で50万円~200万円
このあたりで収めているようです。
しかし、この金額は、もろもろの事情を勘案して判事が決めるものなので、裁判にまで至っていないうちは、どれだけ請求してもかまいません。
ただ、上記の判例上の相場をはるかに超える金額を請求しても、それなら裁判をして、相場辺りで収めてもらおうという事になってしまいます。
であれば、相場以上の金額ではあるけれど、相手が払える範囲の金額まで増額させるのが上策です。
民事の解決法はお金でしかできませんので、罰を与えるとしたら最大限のお金を払わせる事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

警察を装った強盗が・・・

201860120 | : ■ブログ日記

最近、警官になりすまして訪問し、ドアを開けさせて強盗をするという事件があったようです。
警察官が訪ねてきたら、何事かと思ってドアを開けてしまう人がほとんどでしょう。
そこに付け込んだ悪質な犯罪です。
実際に警察が各家庭に巡回に来ることがあるので、本物かどうかの判断が難しく、本物だった場合にどこまで確認すれば良いのか、意見が分かれるところでしょう・・・
しかし、強盗だった場合の事を考えれば、本物の警察だったら失礼だという考えは持たずに、ドアは開けないほうが良いでしょう。
逮捕だったり強制捜査だったら、ドアをこじ開けても入ってくるでしょうし、単なる巡回訪問だったら、何が何でもドアを開けさせるような事は、本物の警官ならしないはずです。
ドアスコープのあるドアだったら、警察官の服装を着ているかの確認をし、バッチ(警察手帳)の提示をしてもらい、名前の確認をしましょう。
それでどうも様子がおかしいと感じたら、所属警察署を聞いて、本当にその名前の警官が所属していて、自分の家に公務で来ているのかを警察署に電話して確認しましょう。
正規の公務で来ている警官であれば、どうぞ確認して下さいと言うはずです。
まぁ中には不良警官も存在しますので、嫌味を言われる事もあるかもしれませんが・・・
世の中、どんな悪党が訪ねてくるか分かりません。
無防備にドアを開けるのはやめましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

0800の電話番号

201850119 | : ■ブログ日記

080で掛かってきた電話番号は、携帯電話の番号と思ってしまいがちですが、最近の電話番号は、0800という新しいフリーダイヤルの番号があるのでご注意ください。
フリーダイヤルは0120ばかりでしたが、番号が枯渇してきた為、0800という新しいフリーダイヤルを新設したようです。
この0800という番号が厄介でして、080の携帯番号と錯誤してしまうのです。
今の電話機ですと、0120拒否という設定で、電話での営業を拒否する事も出来るのですが、0800拒否という設定がまだなされていません・・・
それを良いことに、最近では0120ではなく0800でセールスの電話がバンバン掛かってきます。
最近は、ナンバーディスプレイが標準になっていますので、相手の番号が「0800」となっていたら、出ないほうが無難です。
080-1~9までの番号なら携帯電話と思われますが、080-0だったら、フリーダイヤルで、電話セールスの可能性が高いので気を付けてください。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »