自分で尾行や張り込みをしてしまう浮気調査は絶対にやらないほうが良いですが、その前段階で、間接的な証拠を得ておくチャンスがあれば、やっても良い調査もあります。
それは、車のナビの走行軌跡の確認やスイカの履歴で立ち寄り駅を調べる、ETCカードの履歴、クレジットカードの明細、そしてスマホの中身等です。
他にも色々ありますが、代表的なものはこれらであり、一番はスマホの中身といえるでしょう。
スマホの中身にはメールでのやりとり、通話履歴、LINEの書き込み履歴、それに撮影した写真等のデータが満載で、証拠の塊といえます。
内容によっては、スマホの中身だけでも確たる証拠となる場合もあるくらいです。
しかし、これらを調べる時には、絶対に見つからないという条件が必要となります。
まだ油断していて、スマホを無造作に置きっぱなしにして風呂に入るとか寝てしまう等の状態であれば、やってみる価値はありますが、少しながら警戒しているのであれば、危険を冒してまで調べるのはやめた方が良いでしょう。
見つかってしまった時の不利益を考えれば、わずかなチャンスでリスクを負うのは賢明ではありません。
チャンスが無いのであれば、配偶者の生活リズムのデータを付けておき、どういうサイクルで行動しているかを解析する事で、どれ位の頻度で浮気しているのか、何曜日が怪しいのか等を判明させておくにとどめておき、後はプロの探偵に行動調査を依頼するのが得策です。
見つかってしまってからでは、プロの探偵でも困難な調査になってしまうからです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社