探偵の撮影機材の主なものはビデオカメラです。
デジカメも使用しますが、デジカメの静止画より、ビデオカメラの動画のほうが、ブレも無く証拠力も高いし、撮影後に動画を静止画にする事も出来るので一石二鳥だからです。
夜間の照度が不足している時には、赤外線装置に対応した機種であれば、近距離なら撮影できます。
しかし、この近距離というのが曲者です・・・
対象者に近付くという事は、調査が見つかる可能性が高まる事になり、赤外線照射器が届く距離まで近付けない場合があります。
ではどうするのか?
何種類か対応策はありますが、原始的な方法では何らかの方法で照度を上げるというのがあります。
次に暗闇でも撮影出来る超高感度のデジタル一眼レフカメラを使用して撮影する。
もう一つは元は軍用だった暗視スコープを改良した暗視スコープカメラを使用して撮影するというものがあります。
照度を上げる方法は、暗闇にわざわざ行った対象者の場合、そこを照らしてしまっては不自然になりますので、不可能なケースがあります。
なので、暗闇でも撮影できるカメラの保有が探偵社には求められます。
探偵社の中には、予算が足りなくて購入できないのか、又は証拠映像の価値に誤った認識があるのかは分かりませんが、普通のビデオカメラしか持っておらず、証拠として使い物にならない真っ黒な画像を報告書として対象者に渡すというあきれた探偵も居ます。
夜の調査になりそうな場合、暗闇でも撮影が可能かどうか、依頼しようとしている探偵社に聞いてみると良いでしょう。
真っ暗でも撮影出来ますと言えないような探偵だったら、依頼は考え直したほうが賢明です・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社