じっと動かない張り込み・・・
微動だにしないわけではありませんが、ほとんど動きません。
そうすると、身体は熱を出しませんから、寒い時季は身体は冷えていくばかりです。
こんな時に重宝されるのが、防寒仕様の下着である俗にゆうヒートテック等になります。
身体と下着の間に体温のバリアーを張るような感じになり、体温を逃がさないようにしてくれます。
なので、動かない張り込みのような環境ではとても役に立ちます。
しかし、これがある程度心拍数が上がるような動きをする場合はどうでしょうか?
運動をすると、汗をかきます。
それは必要以上に体温を上げないようにする為の調節です。
動かない状態で体温を維持できるようなシャツを着ていながら運動してしまうと簡単に汗をかいてしまいます。
サウナスーツと同じ現象です。
となると、運動をやめると汗が冷えて、逆に寒くなってしまうのです。
なので、山登りをする人はヒートテックをやめたそうです。
上りは汗をかきながら上がっていくので良いのですが、下りはかいた汗が冷えてきて、凍えてしまうかららしいです。
探偵が冬に徒歩尾行を長時間するような場合、尾行が中断されて張り込みに移行した時に汗が冷えて寒くなります。
安くて便利なヒートテックですが、使い方によっては身体を壊すので、環境によって使い分けたほうが良いようです。
ちなみに、動かないときは保温、動いたときは熱を放出するという高機能なアンダーウエアも売っています。
値段は下着とは思えないような高さですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社