2017411

Monthly Archive

動かないならヒートテック、動くなら・・・

201741130 | : ■ブログ日記

じっと動かない張り込み・・・
微動だにしないわけではありませんが、ほとんど動きません。
そうすると、身体は熱を出しませんから、寒い時季は身体は冷えていくばかりです。
こんな時に重宝されるのが、防寒仕様の下着である俗にゆうヒートテック等になります。
身体と下着の間に体温のバリアーを張るような感じになり、体温を逃がさないようにしてくれます。
なので、動かない張り込みのような環境ではとても役に立ちます。
しかし、これがある程度心拍数が上がるような動きをする場合はどうでしょうか?
運動をすると、汗をかきます。
それは必要以上に体温を上げないようにする為の調節です。
動かない状態で体温を維持できるようなシャツを着ていながら運動してしまうと簡単に汗をかいてしまいます。
サウナスーツと同じ現象です。
となると、運動をやめると汗が冷えて、逆に寒くなってしまうのです。
なので、山登りをする人はヒートテックをやめたそうです。
上りは汗をかきながら上がっていくので良いのですが、下りはかいた汗が冷えてきて、凍えてしまうかららしいです。
探偵が冬に徒歩尾行を長時間するような場合、尾行が中断されて張り込みに移行した時に汗が冷えて寒くなります。
安くて便利なヒートテックですが、使い方によっては身体を壊すので、環境によって使い分けたほうが良いようです。
ちなみに、動かないときは保温、動いたときは熱を放出するという高機能なアンダーウエアも売っています。
値段は下着とは思えないような高さですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

季節の変わり目・・・

201731129 | : ■ブログ日記

季節の変わり目は体調を崩すといわれますが、秋から冬が一番きついと思います。
寒暖の差が多く、まだ身体が寒さに適応していないので、最低気温の時間帯は、真冬の時より堪えます・・・
今の時季、深夜から明け方にかけての張り込みは、極寒仕様にしないと探偵は身体を壊します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

聖人君子の裏の顔・・・

201721128 | : ■ブログ日記

探偵をしていると、人の裏の顔を見る事があります。
その中でも、公の場では聖職者や教育者、又は先生と呼ばれる職業の人達の裏の顔を見せ付けられると、そのギャップに余計に失望します・・・
食えない坊さんだった頃から支えてくれた糟糠の妻を捨て、寺に出入りしている若い娘と不倫の末に再婚しようとする僧侶。
教師時代の生徒だった女性と不倫の末に、妻はもちろん親や子供も捨ててしまう塾講師。
葬式や法事で、お説法などと言い、仏教の教えを偉そうに唱えている男の裏の顔。
小中学生の前で、教科の講義の他に、道徳的な教育や人生訓を講じる男の裏の顔。
自分の事は棚に上げるというのは、まさにこのような事を言うのでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

LINE通話を利用した相手を判明させる方法

201711127 | : ■ブログ日記

LINEの文字のやりとりも、通話の履歴も消してしまって証拠隠滅していると思っていても、メニューアイコンの「・・・」をタップして一番下の方にある「LINE Out Free」を開くと、電話アプリの方で履歴を消していても、LINE通話を利用した相手がズラッと出てきます。
両者を照合すると・・・
今現在、LINE Out Free」の履歴に無頓着な人が大半なので、まだ使える技だそうです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

防犯カメラの効用

201771126 | : ■ブログ日記

少し前から、防犯カメラの設置が一般的になってきており、まさに犯罪の防止と、起きてしまった犯罪の犯人を特定するのに、一昔前と比べ、たいへん役に立っています。
公的な場所や建造物、不特定多数の人が出入りする店舗はもちろん、各家庭の玄関付近にも設置されるようになってきています。
ですから、犯罪者が逃亡したとして、防犯カメラの画像をつなげていけば、手掛かりがみつかる可能性が高くなってきています。
防犯カメラの普及が多くなってきているので、価格も以前に比べて安くなっています。
なので、イタズラ被害やパワハラ被害、ストーカー被害などの証拠をつかむのに、防犯カメラを使わない手はありません。
上記の被害を訴えて当社にご相談される方にも、とりあえず防犯カメラの設置を検討されるようにアドバイスしています。
もちろん、防犯カメラにも死角はできますが、台数を増やす事、また秘匿性のあるカメラを仕込む事により解消できます。
ある程度の出費は覚悟しなければなりませんが、何度も探偵を頼むよりは安価に済むはずです。
そして、トラブルが解決した後も、機械が壊れるまで、防犯の役目をずっと果たしてくれる防犯カメラ・・・
最近では道路上でのトラブルの抑止と証拠撮りに有効だと、ドライブレコーダーが売り切れるほど買われているそうです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

嫌がらせ等の近隣トラブルは・・・

201761125 | : ■ブログ日記

近所の問題ある人物から嫌がらせを受けている、警察に言っても適当にあしらわれて解決できないという相談が入る事があります。
警察に被害届を出すと、証拠を掴む為の捜査が始まりますが、犯罪性があったとしても軽いもの、つまり軽度の嫌がらせなどでは警察はあまり動いてくれません。
これは個人間のトラブルにまで警察が介入していてはキリがないという事なのでしょう。
実際、これは当たり前と思われます。
一市民の口喧嘩や、些細な嫌がらせにまで警察が動いてしては重大犯罪が起きた時に支障が出ます。
なので、これらの軽微な個人間のトラブルの場合、どれだけ継続して被害を受けているかが重要になります。
被害を受けている人からみれば、今すぐにでもやめてもらいたい心情でしょうが、法的措置を取るには辛抱が必要なのが現実です。
ですから、嫌がらせが始まった初期の段階で証拠をとり、警察にも被害届を出しておくのが大事です。
いつから始まったのかが、警察にも記録が残るからです。
そして継続して証拠を残しておき、ある程度の期間が経過した時点で、今までの証拠を揃えて、告訴をしてしまいましょう。
それも弁護士等の法律家に頼んで行うとさらに効果的です。
ある程度の期間、被害を受けてきたという事実と証拠を揃えて、尚且つ法律家に適切な告訴状を作成してもらって提出すれば、警察は動かざるを得ません。
ただし、ストーカー被害や、加害者に精神疾患があるような場合、又は凶悪性がある場合等は、緊急を要しますので、証拠をとるのと同時に警察に相談しなければなりません。
命を失ってからではどうしようもないからです。
そうではなく、単に性格が悪く、意地の悪い近所の変人からの嫌がらせの場合は、前述したような対応が必要となります。
嫌がらせをする側の心理としては、相手の動揺している様子を見て楽しんでいる所もありますから、平然としていれば、嫌がらせも収まる可能性もあります。
しかし、証拠を揃えておくのが大事ですので、探偵にご相談下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

珍しい有線式の盗聴・・・

201751124 | : ■ブログ日記

探偵による「盗聴器発見業務」は、基本的に電波式の盗聴器を探すものです。
電波受信機(広帯域レシーバー)や専用の盗聴波探知機を使用し、盗聴器の電波を捉える作業をするのですが、電波が出ていない盗聴器の場合は、いくら探しても盗聴器は出てきません・・・
この電波式ではない盗聴の一つに、有線式の盗聴器があります。
これは中々大掛かりな盗聴器の設置になるので、有線式のものが出てくるのはとてもマレです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

順番は、探偵から弁護士へ・・・

201741123 | : ■ブログ日記

浮気による離婚問題の解決への流れは、弁護士に相談してしまう前に探偵での調査をするのが賢明です。
なぜなら、弁護士などの法律家は、証拠が無いと何もできないからです。
また、間接証拠のような確たる証拠ではないものを提示した場合、その薄い証拠のみで裁判に持ち込んでしまう弁護士が居るので注意が必要です。
間接証拠とは、メールやライン等のやりとり、ホテルや飲食店の領収書等、不貞行為があったと直接的には証明できないもので状況証拠のようなものです。
この程度の証拠で裁判を行っても、時間は掛かるし、逆に不利益になる事も出てきます。
ですから、不確かな証拠で裁判を行われてしまう可能性がある弁護士に相談する前に、言い逃れのできない証拠を得る為に探偵に調査を依頼し、証拠を得てから法律家に相談するのが、確かな流れです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

人体の骨格と動き・・・

201731122 | : ■ブログ日記

人間の骨格は同じ人種でも、人それぞれ、大きく、又は微妙に違っています。
骨格が違うという事は、動きが微妙に違ってきます。
例えば、歩き方がそうです。
歩き方なんて、そんなに違いがあるのかと思われるかもしれませんが、ようく見てみると、人によって特徴があるものです。
それは骨格によるものと、その人のくせのようなものが要因となるようで、例えば足の長さの違い、がに股とX足の違い、外又か内股の違い等が骨格によるもので、くせについては、腕の振り方やよそ見をよくする、上体を揺すりながら歩く等があげられます。
これらの、人の動きというものは、意識して変えようと思わなければ、常に同じ動きになります。
という事で、家族の体の動きや雰囲気というものは、毎日見ているものですから、他人の中に家族が混じっていても、その微妙な動きや雰囲気で、すぐに見分けられます。
これは別に特殊な能力ではなく、いつも見ている人の動きと、そうでない人の動きが違うので分かる事であり、誰でもできる事です。
何を言いたいのかと言いますと、夫婦や家族を尾行した時に、すぐに見つかってしまうのは、上記の事が一因であるという事です。
隠れたつもり、変装したつもりでも、見慣れた体の動きや雰囲気で「あれ?うちの者だ」と気付かれてしまうのです。
もちろん、調査の技術が無いというのも大きな原因ですが、それにプラスされるので、より気付かれやすくなります。
調査が見つかるという事は、それ以降の調査に多大な支障が出る事になります。
自分で調査をすると思った場合は、これらのリスクがある事を覚悟しなければなりません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

口頭だけでは・・・

201721121 | : ■ブログ日記

浮気の疑いをもった時に、まだ証拠がないのに配偶者を問い詰めてみたら認めた・・・
裁判でも、本人が認めたらそれが事実として扱われますが、物的証拠が無いと、後から「実はやっていない」と言い出す事があります。
これは刑事事件でもよくみられる事です。
なので、刑事でも民事でも裁判になる場合、証拠を揃える事はとても大事です。
浮気による離婚問題は民事ですが、やはり証拠は大事です。
証拠があれば、自分に有利に裁判が進められますが、証拠がなく、相手の証言だけしかない場合、上記のように実はやっていないとか、最悪、自白した事実すらないと言い出す事も考えられます。
あまりにしつこく問い詰めるから、面倒なので自白したんだと言うかもしれませんし、証拠が無いのにどうやって証明するんだと逆に責められる事も考えられます。
各種間接的な証拠がそろっていても、確たる証拠がないと、のらりくらりと相手からかわされて、歯ぎしりを噛む悔しさを味わう事になります。
なので、浮気の疑いが出たとして、絶対に問い詰めたりせず、平静を装って、調査の依頼を検討しましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »