フェイスブックやツイッター等、SNSの利用者はどんどん増えているようです。
しかし、法に触れる様な文言を書き込んで訴えられる等のトラブルも出ているようで、SNSの使用には注意が必要になります。
その中でも、画像の投稿は特に要注意です。
自分の画像を背景入りで撮影して投稿した場合、その場所を公表しなくとも、画像だけで場所を特定されてしまう恐れがあります・・・
画像に位置情報が含まれているデータだった場合、簡単に特定されますし、背景の風景や建物でも特定されてしまいます。
SNSの設定で、自分の住所や電話番号は非公表に出来ますが、画像も同じように位置データが含まれていないものにしないと意味がありません。
背景が無い写真は、撮る意味がないとも言えますので、しかたがないかもしれませんが、リアルタイムでの投稿はやめた方が良いです。
現在の自分の居場所を全世界に発信しているようなものですから・・・
なので、数時間経過してから投稿するのが安全です。
さらに自宅で撮った画像はなるべく載せないようにするほうが良いでしょう。
探偵としてはSNSを使用して、簡単に調査対象を暴き出す事も出来ますので、便利なツールなのですが、ストーカー対策で依頼される方もいらっしゃいますので、そういった被害者の方を考えると、SNSの利用には、個人情報が完全に表に出ない使い方をするか、SNS自体をやめるか初めからやらない事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社