浮気調査をするにあたって、どのような証拠をとればよいのかというと「不貞行為」と認められるものとなります。
不貞行為と認められないものをとっても、それは意味の無いものとなります。
例えば、配偶者と浮気相手と思われる者がドライブしていた、レストランで食事をしていた、抱き合っていた、キスをしていた等は不貞行為となりません。
なので、上記の行動を映像におさめたとして、それは証拠として使えるものではありません・・・
では、何が不貞行為となるのかと言いますと、性行為をしたという事実であり、推認されるものです。
性行為をした事実とは、公園や車の中等の屋外で行う事により、その行為事態を撮影できる為、これ以上の証拠はありません。
推認とは、ラブホテルのような性行為をする為の場所として成り立っている所へ二人で入る事により、性行為をしたと極めて高く推認される事を言います。
ですから、通常はラブホテルへの出入りをとらえるのを第一に考えます。
なので、相手のアパートへの出入りや、シティホテルのようなレストランやその他の施設もあるようなホテルの場合、ただ出入りしたというだけでは不貞行為と認められない場合があります。
ただ、キスの場合、極めてまれな判例ですが、それまでの対象者の行動記録により、不貞行為と認められたものも一部にはあります。
しかし、それは一部の裁判官が下した特殊な事例なので、通常はそれ以上の証拠が必要となります・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社