サービス業で働いている女性の営業スマイルを、自分に好意があると勘違いしてしまう男が居ます。
お客さんに愛想よくするのは、商売として当然の事であり、商品やサービスをお金を出して買ってくれる人に対する感謝を込めた態度です。
これを、自分個人に対する好意と受け取ってしまう人がいるので困りものです・・・
お店の店員さんと客という立場ですから、当然、互いの素性は知らない間柄なので、勘違いした男は相手の女性を知りたくなります。
そこで、探偵への相談となるのですが、これもまた勘違いをしている行為と思えます。
相手女性の素性を知りたかったら、職場は判明しているのですから、直接聞いても良いでしょうし、こっそり手紙でも渡すという事も出来るでしょう。
探偵に所在調査を依頼する必要は全くありません。
あえて正当化するのであれば、住まいを特定して、そこに手紙を出したり、家に直接行って話をするという考えもあるでしょう。
しかし、単なるお客さんで、名前も知らない男に、急に家に来られたり、手紙が届いたりしたら、相手はどう思うでしょうか?
なぜ家を知っているのか、恐怖を感じるはずです。
しかし男はそんな相手の気持ちは分かりません。
元々が、相手女性が自分に好意を持っているという勘違いからきているのですから・・・
我々探偵は、電話相談や直接面談で、上記のようなケースだと判明したら、調査依頼は受けません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社