対象者が過去に浮気をしていたか、証拠の画像を新たに得る事は、ほぼ不可能です。
ほぼというのは、対象者を知る人物が、対象者の写真などを所持している場合があり、それが証拠となり得る可能性が少なからずあるからです。
しかし、その写真などの映像が証拠となる映像でなければ意味が無く、期待できるものではありません。
なので、過去に行けるタイムマシンでもあれば別ですが、過去の浮気調査をしようと思うのはナンセンスです。
それでも、対象者の過去を知りたいという場合は、関係者への聞き込みをするしかありません。
しかし、聞き込みの場合、自然に証言してくれるように誘導しなければならず、潜入する調査員の人物設定や、不自然じゃない聞き込み相手との関係性を工作する必要があり、大掛かりになり、料金も高額になります。
探偵や興信所だと名乗ってしまって、直接聞き込みをしても良いという依頼者もいらっしゃいますが、この場合、証言者は身構えてしまい、真実を話してくれない場合が多くなります。
誰だって、知人を密告するような事で他人の紛争に巻き込まれたくはないですから・・・
このような過去の浮気調査をしたいという相談が入る事がまれにあります。
しかし、意味のある調査では無い為、どうしてもと言う方でなければ、やめておくことをおすすめしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社