探偵業法が施行されてから、きちんと契約を書面で交わす事が義務付けられました。
なので、電話一本で依頼を受けるとか、着手金を振り込めば調査開始になるという昔のやり方は不可能になりました。
ということで、調査を依頼する場合は、面談をして契約書を作成しなければなりません。
その面談場所ですが、女性の場合、探偵社の事務所に警戒をしているのか、外部での面談を希望する方が多いです。
確かに探偵事務所に行くなんて事は、人生で一度も無い人が多い中、警戒するのは当たり前かもしれません。
しかし、業法が整備されてからは、悪徳探偵社は激減しており、それほど警戒する必要はありません。
なので、逆に事務所に出向くようにしたほうが賢明です。
なぜかというと、きちんと事務所を構えている探偵社であれば、本業で事業が成立しているという可能性が高いからです。
逆に事務所に依頼者を寄せ付けず、ファミレス等で面談を迫る探偵社は要注意です。
形だけの支店でごまかし、転送電話で遠方の本社から営業マンが派遣されてくる場合がほとんどだからです。
近くのファミレス等まで探偵が来てくれれば楽だし、警戒している探偵事務所に行かなくてすむならという考えになるのは当然かもしれませんが、探偵社を見定める為には事務所に出向くのが一番なので、なるべく事務所での面談をするようにしましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社