浮気調査が業務の大部分を占める探偵業務ですので、夜間の調査が多くなります。
ということで、暗い場所で証拠映像の撮影となるのですが、照度が低いと、普通のカメラでは撮影できません。
撮影自体はできますが、写っているのは真っ暗闇の画像で、何が映っているのか証明できないものになります。
ビデオカメラやデジタルカメラの中には、ナイトショットと呼ばれる赤外線を飛ばした暗視撮影が可能な機器がありますが、赤外線の到達距離はそれほど遠くはなく、近くまで寄らないと撮影できません。
探偵は秘密裏に撮影しなければなりませんから、相手から見えない距離まで離れて撮影しなければならず、よほど条件の良い環境でなければ、赤外線装置の暗視カメラでは撮影不可となります。
ではどうするのか? 
探偵社によって、対処法は様々ですが、一番手っ取り早いのは、赤外線の要らない暗視スコープを使用することです。
微々たる照度でも、その明かりを増幅させて対象物の映像を捉える事が可能な暗視スコープで、メモリーに記録できるものがあります。
このような暗闇でも撮影できる機器を所有していない探偵社も多く、報告書に貼ってある画像が真っ黒で、意味の無い調査を依頼してしまったという苦情を聞かされる事があります。
浮気調査で夜間の調査が多くなると思われる場合、探偵社には、暗闇での撮影も可能かどうか確認されたほうが良いでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社