どこをどう見ても、不倫をしていると思われる状況なので、配偶者を問い詰め、浮気相手と思われる人物を追求し、慰謝料請求などの要求をした場合、確たる証拠が無いと名誉棄損で逆に訴えられてしまう可能性があります。
ただ、名誉棄損の罪が成立するのは、当事者以外の者に伝わるような言動をしてしまった場合ですので、二人きりで何を言ったとしても名誉棄損にはなりませんので、ここだけ気を付ければ大丈夫です。
しかし、訴えられるのは回避出来たとしても問題の解決にはなりません。
重要なのは確たる証拠を得るのが先決ということです。
確たる証拠とは、メールやラインのやりとりや、レシートや車のナビの履歴等ではありません。
これらは間接証拠としては成立しますが、状況証拠並みのものでしかありません。
なにかと理由を付けてしらを切られたら、どうしようもないのです。
では、不貞行為と認められるものとは何でしょうか?
それは、配偶者以外の者と性行為をする事です。
ラブホテルに出入りする画像や、車内での性行為などがそれに当たります。
これらよりは証拠力としては弱いですが、異性のアパートに宿泊したり、長時間の滞在を証明出来れば、不貞を推認出来るものとなりますので、その継続性を立証させる必要があります。
これらの証拠が揃うまでは我慢して、絶対に逆上して問い詰めたりしないようにしましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社