浮気の証拠には主に事実そのものを直接に立証する「直接証拠」と
間接的に事実を裏付ける「間接証拠(状況)」があります。
間接証拠には、夫の予定表、日記帳、メールの内容(肉体関係を匂わせるもの)
ホテルや観光地などに行った利用明細、電話の送受信記録、SNSでのやりとり
等があげられます。
しかし、これは証拠としては補助的なものにしかならず、当事者が認めなければ、確たる証拠とはなりません。
では、直接的な証拠とはなんでしょうか?
不貞行為を立証するには肉体関係があったことを証明しなければなりません。
それには、ラブホテルへの出入りや車の中での性交渉の画像、相手の家やアパートへの出入りとその滞在時間や宿泊の有無、シティホテルであれば、2人が部屋に入る場面やフロントでの精算の場面の映像が必要となります。
探偵はこれらの直接証拠を得る職人です。
不倫している者達が油断しているうちにご相談下さい。
間違いなく不倫しているのであれば、これ以上ないという直接証拠を取得しご提供致します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社