自分で不貞行為をはたらいておきながら、離婚するから出ていくと別居を始めてしまった配偶者が居たとします。
このような場合、不貞行為の事実を証明できるものが自身にあるのなら問題ありませんが、全く証拠が無い状態で、別居状態が続くと後々不利な状況に陥ります。
なので、浮気の疑いがありながら離婚したいと言い出して別居を始められてしまったら、その直後に調査をする位の素早い動きが必要と言えます。
まだ同居している状態であれば、少し様子見をしてても良いでしょうが、別居をされたら、直後に調査をする位で丁度良いでしょう。
別居して、その直後に親密になれる異性と出会える可能性は低いと考えられるからです。
当然、婚姻関係があり同居しているうちからの不貞行為であると推認される事になります。
※全てではありませんが。
当社では、別に急がなくても良い調査案件の場合は、綿密な計画を立てられるように、調査を急がせる事はしません。
しかし、別居が始まってしまっている場合は別であり、早急に事実を究明し、証拠を得てしまうのが大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社