交通事故や死亡保険金の支払い、損害保険等に不正が無いか調べる調査員が存在します。
これらは、我々一般の探偵とは違い、大手保険会社から委託されている関係の所が多いようです。
交通事故においては、救急車で運ばれるような大怪我をしているのであれば、はっきりとした診断結果が得られるのですが、軽い接触や追突事故で、頸椎捻挫、いわゆるむち打ち症になった場合、骨などに異常がみられない為、本人の自覚症状で判断され、いつまでも痛い痛いと言って長引かせる悪質な被害者も存在します。
むち打ち症になどなってもいないのに、痛がる素振りをする者も居ますが、これが嘘かどうかは判別不可能と言われています。
しかし、事故の状況、車の破損状況等で、これまでの前例と照らし合わせたりして、実際に捻挫しているのか、また実際に長引いているのかを検討するようです。
また、仕事も出来ないと言って休業補償をもらおうとしても、実際に休んでいなかったり、怪我をしている身でありながら到底不可能な遊びをしている等の行為が無いか、調査員が調べ、不正があれば、保険金請求は打ち切られ、最悪の場合詐欺行為となります。
被害者には被害に見合った補償がなされるのは当然ですが、被害者の権利を得た事をこれ幸いに、一般常識を越えた要求をできると思ったら大きな間違いです。
飲酒運転や危険運転をしての事故であれば、加害者の責任は重大ですが、それ以外の交通事故は誰もがおかしてしまう可能性があり、お互い様の部分があります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社