最近の車の登録ナンバーは、使用者の希望の番号が選べるようになっておりまして、人気のある番号だったりしますと、そこら中に走っていますので、四ケタの番号だけですと、判別不可能となる事がまれにございます。
人気の車種で色まで同じだとクローンのような車が現れる事もしばしば・・・
配偶者の浮気相手の車を発見した時は、ナンバーについて、全ての文字と数字を記録するようにしましょう。
例えば、「水戸335 わ12-34」という風にです。
色は見たままで判別できるでしょうが、車種やメーカーは、車にうとい方はよくわからない場合がありますので、形を記憶すると良いでしょう。
ワンボックスタイプなのか、セダンタイプ、オフロード四駆のようなタイプなのか、軽自動車なのか程度は判別できると思います。
ナンバープレートに表示されている文字記号が正確に分かれば、持ち主や使用者の特定が可能です。
しかし、一文字でも判明していなかったり、間違っていたりすると、判明できません。
なので、目の前にその車があるのであれば、写メを撮るか、すぐにメモをしてしまいましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社