別居など、夫婦関係が既に破綻している状態で、その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合は、この性的関係と、夫婦関係の破綻には因果関係は認められないので、「不貞行為」を理由に離婚請求はできないことが多いです。
「不貞行為」を離婚原因として、配偶者に慰謝料を請求しようとお考えであれば、夫婦関係が既に破綻していると認定されないように、別居中に「離婚」の言葉を出すのは良くありません。
さらに別居中に勝手に離婚届を出されそうな場合は、事前に本籍地や住所地の市町村役場に離婚届の不受理申出を提出しておく事も考慮すべきです。
不倫相手の居るとの疑惑があるのであれば、配偶者が別居を始めた初期の段階で調査をする事をおすすめします。
別居の期間が長いと、破綻した夫婦と認定される恐れが高くなるからです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社