不倫相手と結婚したい為に、現在の配偶者と別れたい・・・
そんなとき、こじつけた離婚の原因を作ろうとする人がいます。
妻と別れようとしているのであれば、家事をきちんとやらないだとか、子供の世話が行き届いていないだとか、浪費癖があるだとか、なんやかんやと理由を付けようとします。
言われても仕方がない方もいらっしゃるとは思いますが、それだけでは離婚を認めるものとなるには弱く、逆に夫に不倫の事実があったとなれば、立場は完全に逆転します。
特にトラブルがあったわけでもないのに、離婚を切り出されたら、浮気を疑ってみるべきです。
そして相手を問い詰めたりせず、平静を装ってプロの探偵に調査を依頼すべきです。
自分で行う事は、配偶者の行動パターンを知る事と、会話の録音、怪しまれずに見れるなら携帯電話やパソコンの中身を見てしまう位にしておきましょう。
会話の録音は、相手が必ず嘘を付いているはずですから、嘘を付いているという証明を後々できるようにする為です。
携帯などはメールやライン等のやりとり、消し忘れの写メ等があったら、大事な間接証拠を得る事ができます。
ただし無理は禁物です。
見付かってしまったら、その後の調査に差し障りますので。
そして、咎められる理由がないのであれば、日常生活を日記に付けたり、写真を撮っておき、自分の生活態度に汚点がないという証明が出来るようにしておくと良いでしょう。
例えば、家庭内が片付いている様子や、食事の状況、子供のお世話の状況等を、定期的に写真に撮っておくと、相手に嘘を付かれても切り返せます。
そして切り札の探偵が撮ってきた浮気現場の証拠を突きつければ、相手はノックアウトです。
何気ない日常から、急に離婚を切り出されたら上記の対応を取る事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社