浮気相手と、いつから付き合っていたのかだとか、不倫カップルの双方にしか分からない事柄については、本人から聞くしかありませんから、判明しない調査となります。
また、複数の女性と不倫をしていて、過去の不倫相手全員を時系列に調べてほしいというものも困難と言えます。
だいたいの場合、その女性の氏名も写真も手に入れてない状態で、手掛かりが何も無い所から調べろというケースが多く、調査しても無駄足になると思われる場合、調査をしない事をおすすめしています。
調査を成功させるには、最低限の手掛かりとなる情報が必要です。
なんにも分からない状態で調べられるのは、今現在の行動調査では可能ですが、過去のものとなると、いかに探偵と言えども不可能に近いでしょう。
ましてや浮気相手が配偶者をどう思って付き合っていたか等と言う相手の気持ちが知りたいという依頼もございますが、相手をつきとめる事が出来たとして、本人の気持ちは本人にしか聞くことが出来ない為、秘密裏に調査はできません。
しかし調査は対象者と関係者には秘密裏に行ってほしいと要求されることがほとんどです。
物理的に不可能な事は探偵でも不可能です・・・
ここで重要なのは、不可能な調査はきちんと不可能と依頼者に伝える探偵かどうかという事です。
できもしない調査を引き受けて、調査料金だけせしめてしまう悪徳探偵も居るからです。
不可能と思われる調査を出来るかどうかの問い合わせは、どんどんされて結構ですが、どんなことでも調査できますよと言ってくれる探偵は逆に怪しいとみなすべきです。
気を付けましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社