盗聴器や盗撮器の発見依頼は定期的に入るご依頼であり、探偵社の代表的な業務の一つです。
盗聴器発見を依頼される場合、注意しなければならない事柄がいくつかあります。
・盗聴器が仕掛けられている疑いのある場所から依頼の電話をしない
・携帯電話があれば屋外で携帯電話を使用する。
・探偵以外の誰にも相談しない
などが重要な注意点となります。
まず、自宅や仕事先、車の中が疑わしいのであれば、そこで話をしてしまうと犯人に情報がもれてしまいますので、別の場所で会話する事が大事です。
盗聴器は複数仕掛けられている可能性がありますから、自分の関係先の屋内や車内からの電話は危険です。
屋外に出て、携帯電話を使用しましょう。
携帯電話はデジタル電波ですので、現在の受信機では傍受されることはありません。
次に、親しい知人でも軽々しく相談しない事が大事です。
ストーカーや嫌がらせ行為も同じなのですが、犯人は実は親しい友人だったという残念な場合があります。
盗聴器も仮面親友が犯人だったという事例があり、誰も信用してはいけません。
相談した相手が犯人ではなかったとしても、そこから情報が犯人にもれ伝わる可能性は否定できません・・・
おかしいなと思ったら、誰かに相談する前にプロの探偵に問い合わせるのが大事です。
そして、盗聴器は発見されない場合もあるという事を認識して頂きたく思います。
それは発見不可能なのではなく、盗聴器が存在しない場合もあるということです。
盗聴器は電源が必要となりますので、電池式のものであれば、定期的に電池交換やバッテリーの充電が必要となりますので、犯人は一時的に取り外す事となります。
この時に調査をしても盗聴器が出てくるわけがありません。
また、電波式の盗聴器ではなくICレコーダーを使用した録音式の盗聴をされている場合もあり、これも受信機を使用した発見業務では見つかりません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社