浮気や不倫による慰謝料の金額は,浮気相手との交際期間,不貞行為の回数,浮気が原因で離婚に至ったか,浮気相手の収入などによって変わってきます。
個別事情を考慮しながら慰謝料を算定していきますが,一般的に慰謝料の相場は100万円~300万円の範囲内となるケースが多いようです。もっとも,事案によっては50万円程度と認定されたり,300万円以上と認定されたりするケースもあり,個別の事情によって金額は異なります。
実は慰謝料の金額は,法律によって慰謝料基準が決められているわけではありません。
慰謝料の金額を左右する事情としてはさまざまなものがありますが,特に金額に大きく影響するものを取り上げて,順番に説明してみましょう。
浮気・不倫による不貞行為が原因で離婚をする場合,慰謝料の相場は100~300万円が多く,離婚をしない場合には,数十万~200万円が一般的となっています。
ただし,離婚したくても子どものために離婚できないケースのように,戸籍上は離婚が成立していなくても浮気・不倫によって婚姻関係が破綻したと認められる場合には,不貞行為が原因で離婚する場合と同様の相場で慰謝料の金額が認められる可能性があります。
浮気をした配偶者と浮気相手との年齢差は,どちらに主導権があったのかを判断する重要な指標になります。
年齢差が大きければ大きいほど,年齢が高いほうに主導権があったと判断されやすく,慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。
婚姻期間が長ければ長いほど,不貞行為によって夫婦関係が破綻させられた損害は大きいと判断されます。そのため慰謝料の金額は高くなる傾向にあります。
浮気が発覚する前の夫婦の共同生活が平穏・円満であればあるほど,不貞行為によって夫婦関係が破綻させられた損害は大きいと判断されるため,慰謝料の金額は高くなります。
反対に,浮気が発覚する前から夫婦仲が悪かった場合,夫婦仲が良好である場合と比較して損害は小さいと判断されるため,慰謝料の金額は低くなります。
また,浮気する前から別居など夫婦関係が完全に破綻していた場合,慰謝料請求自体が認められませんので注意が必要です。
しかし、単身赴任や、勝手に家を出て行ってしまい、その期間も短いような場合は別居とは認められません。
当社で扱った案件で、提携している法律家の先生から、その後の慰謝料請求の結果を報告して頂いておりますが、はやり300万円前後が一番多く、社会的地位が高かったり高収入の方の場合は600万円から1000万円オーバーという案件もありました。
ドラマ等で不倫を美しく扱っているものを見て、自分もその気になって浮かれて不倫なんかしていると、とんでもない賠償金の請求が待ち受けています。
当社では、不貞行為による離婚トラブルに、とても強い法律家と提携しており、さらに当社で捉えた不貞行為の証拠映像は、言い逃れの出来ないものです。
不貞行為の証拠を押さえる前に離婚されてしまったら、過去の証拠を捉える事は難しいので、手遅れになる前に、疑いが出たら迷わず調査をすることをおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社