探偵をしていると、悪い奴をよくみます・・・
賠償金を払わずに逃げてしまった相手を探すという案件に、交通事故の物損も含まれます。
ほとんどの場合、警察を呼ぶまでも無いので、お互い信じあって誠意をもって弁償しますのでと言われ、電話番号や免許証の内容確認程度でその場を済ませてしまうケースでトラブルになります。
全部とは言いませんが、警察を呼ばれると別の事件等が発覚してしまうような犯罪者又は犯罪者に近しい者が、警察を呼ばないでくれと懇願するようです。
こういう場合、どうすれば良いかといいますと、何もしないうちに警察を無理に呼ぼうとすると、暴力を振るわれたりする場合もありますので、まずは手持ちの携帯カメラかデジカメ等で、相手の車のナンバーと物損箇所と運転手の容姿の撮影をしてしまいましょう。
車はナンバーが入っている全景とナンバーのアップも撮っておくと良いです。又相手の画像もバックに車が入っているとなお良いです。
次に相手が免許証を持っているなら、免許証も撮影します。
相手が連絡先の電話番号を伝えてきたら、確認のための電話をその場でしてみましょう。つながるかどうかの確認です。
これらが終わったら、有無を言わさず警察に連絡をしましょう。もしここで警察を呼ばないでくれと言われたら、お互いの保険を使うのに警察の現場検証が無いと都合が悪いとでも言って、警察は呼ばなければならないと伝えます。
相手は保険に入ってない場合もあるので、保険に入ってないからどうせ現金で払うようになるので、警察は必要ないとでも相手は言ってくるかもしれません。しかし、相手が保険に入ってなくても自分の保険が出る契約のものに加入しているので、どうしても警察は呼ばなければならないと言いましょう。
ここで相手が豹変して脅すような態度に出てきたら、無理はやめましょう。
既に相手の車や人相、免許証等の情報は確保済みです。余裕があれば、スマホの録音機能をオンにしておいて、相手とのやりとりの音声を録音しておくとさらに良いでしょう。
脅し文句でも言ってきたのを録音出来ていれば、刑事事件にもすることが可能です。
現在の車の保険制度では、警察による現場検証が必須であると言っても良く、保険の割合の算定をするにも、無くてはならないものです。
まともな社会生活をしている者であれば、交通事故時に警察を呼ぶのは当然の事であり常識です。
しかし、何もしていないうちに警察を呼ぼうとして逃げられたら、なんの証拠もなく、やられ損になってしまいます。
当て逃げ程度では警察は本腰を入れて捜査はしません。本来であれば、車に付着した相手車両の塗料で割り出すことは可能なのですが、個人間の物損程度では警察は動いてくれないのが現実です。
必ず警察を呼ぶ前に上記の撮影をしておきましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社