DV、いわゆるドメスティックバイオレンスの加害者が、被害者、つまり配偶者や子供達の行方調査依頼をしてくる場合があります。
しかし、これは犯罪行為のほう助になりますので、探偵業法に照らし合わせると、依頼を受ける事はできません。
配偶者や実の子供に対して、暴力を振るう事すら考えられない事ですが、さらにその暴力から逃げている家族を追い回す行為をする事が、普通の感性では信じられません・・・
探偵事務所には、こういった犯罪者からの依頼が入る事があります。
犯罪には、必ず被害者が存在します。
その被害者の元へ、加害者を引き渡すような行為は、法律がどうこうではなく、人として出来ない行為と言えます。
連日のように、ニュースでDVの被害が報道されていますが、どういう心理で家族に対して意味の無い暴力を振るうのか、とても信じられない気持ちで見ています・・
そこへ、DV加害者が、避難している家族を探してほしいという依頼が入ると、怒りをこえた心情になる時があります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社