2015309

Monthly Archive

月夜の晩は・・・

201530930 | : ■ブログ日記

晴天の日の夜は月夜の晩になり、夜といってもある程度明るく、一般人にとっては幻想的であることでしょう・・・
しかし探偵にとっては、あまり芳しくありません。
知人から、月夜の晩は仕事がしやすいのでは?と言われましたが、全くの逆です。
探偵は、自分からは対象を見る事が出来る位置を探すと同時に、対象からは自分が見えない場所を選びます。
探偵は特殊な機材を使いますから、真っ暗闇でも対象を捉える事が可能なので、夜間の場合、暗ければ暗いほど良い環境と言えます。
日中であれば、対象から見つかってしまうような場所でも、絶好の張り込み場所となりうるからです。
しかし、月夜の晩では、ぼんやりした天然の照明が点いているようなものになりますから、対象からも確認されてしまう恐れがでてきます。
スーパームーンの日などは、調査には向いていないと言えますね・・・
という事は、探偵避けにはどうすれば良いか?
それは内緒にしときましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

テレビの影響・・・

201510928 | : ■ブログ日記

探偵物のドラマが放映されると「調査員の求人はありますか?」という問い合わせが増えます。
ドラマの中の探偵に憧れて、自分もなろうとするのだと思われますが、ドラマと現実をごちゃまぜに考えているような人では、探偵社の調査員は務まらないです。
現実の調査員は、格好の良いものではなく、辛抱強く張り込みをしたり、不審者扱いをされてもめげずに切り返せるような胆力と機転が必要であり、華麗なアクション等は皆無と言って良いでしょう・・・
トイレを我慢したり、蚊などの吸血虫に刺されまくったり、熱中症で命の危険もあるような仕事です。
探偵志望の動機を聞くまでもなく、探偵ドラマや映画が放映された後に求人の問い合わせをしてきた方は、単なる憧れで探偵になろうとしているのであり、とても実践で使えるような心構えはありません。
これは一昔前の刑事ドラマでも同じだったようで、刑事が犯人相手にバンバン拳銃を発射するなんて事は現実にはあり得ない事であり、普段は拳銃の携帯すらしていないのが刑事の現実です。
ただ、警察は採用試験を受けないとなれないし、合格しても警察学校で厳しく指導されるので、いい加減な気持ちでなろうとした者はすぐに脱落した事でしょう。
探偵の場合、民間企業ですから、電話一本で採用してもらえるかもしれないと安易に思っているのかもしれませんが、使える人材かどうかを見抜けなければ探偵はやってられません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

受けの営業

201550925 | : ■ブログ日記

探偵事務所や弁護士事務所等は受けの営業です。
最近では過払い金の返還請求等で、弁護士事務所や司法書士事務所がメディアでバンバン宣伝していますが、あれも受けの営業といえば受けの営業です。
何をもって受けの営業かと言うと、依頼人が相談してきて始めて成立するものと言えます。
自分から調査しませんか?と、個別に、又は団体に営業を掛けるような、他業種ではありきたりの営業と違い、クライアントから問い合わせがあってこその業界なのです。
さらに言えば、こちらの営業方針等を見定めて頂き、また料金などについても了承を得て頂く事によって、業務を委任される事となります。
ですから、問い合わせがあったからといって、やりましょうやりましょう、どんどん調査しましょうと言うのはおかしな話と言えます。
調査すべき案件なのかどうか、調査する意味があるのか等、依頼者の利益を考慮するのが先決であり、初めから調査ありきの話に持っていくのは悪徳探偵と言っても過言ではありません。
まして調査をしなければ悲惨な事態になる等と、相談者に恐怖感を与えたり、調査をしたら多大な賠償金を得られる等と不確実な利益を得られるような話をする探偵社は悪質です。
気を付けましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

まだ残っている飲酒運転者・・・

201530923 | : ■ブログ日記

探偵は深夜の調査が多いものです。
繁華街や飲み屋街での張り込みも多く、酒を飲んだ後の人をよく見かけます。
一昔前よりは、きちんと運転代行を使って帰る人が多くなりましたが、まだまだ飲酒運転で帰ってしまう人も居るようです・・・
飲み屋から自宅までの距離にもよりますが、運転代行代を考えると、自分で運転して帰ってしまいたくなるのかもしれませんが、その道程で事故を起こしてしまった時の悲惨さを考えれば、普通の神経なら飲酒運転はできないはずです。
被害者を作ってしまった時の事、自分自身の生活の事、どれだけのリスクがあるか、現実を考えたら、たじろぐような行為なのですが、アルコールは正常な判断を麻痺させてしまうので始末が悪いです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

現場に乗り込む依頼者・・・

201520922 | : ■ブログ日記

浮気調査の調査計画において、調査の進捗状況を逐一連絡してほしいという依頼者がいらっしゃいます。
中には実況中継のようにリアルタイムでお願いしますと言われる事もあります。
こういう場合は注意が必要になります。
探偵は依頼者の要望には応えなければなりませんが、依頼者の利益も考えなければなりませんので、怒りにまかせた行為をしそうになっていると察した場合は、現場の報告は後回しにする事もあります。
何故かと言うと、調査現場に乗り込んでくる依頼者がいるからです・・・
どこそこのラブホテルに入りましたとか、浮気相手のアパートへ入りました、又は公園の駐車場で車の中に二人で居ます等と、現場の状況を連絡したら、怒髪天を突いた依頼者が、脱兎のごとく現場に急行し、不倫カップルに飛び掛かるという修羅場に発展したケースは、探偵をやっていれば、何度か経験する事になります。
証拠があがっていて、調査の最終段階であれば、現場に立ち会っても良いでしょうが、まだ調査の初期段階でこれをやられてしまうと、それ以降の調査が不可能になってしまいます。
なので、リアルタイムでの報告を希望された時は、現場に乗り込まない事を約束して頂くか、結果を得てからの報告とさせて頂くか、調査が台無しにならないように配慮しています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

大型連休の浮気調査は・・・

201510921 | : ■ブログ日記

ゴールデンウィークやお盆、最近始まったシルバーウィーク等の大型連休、又は各種イベントの日、例えばバレンタインとかホワイトデー、クリスマス等、通常であれば家族と一緒に過ごす時です。
こういったときに入る浮気調査の場合は、既に夫婦関係は破綻している場合がほとんどです。
つまり、隠れて不倫をしているという段階ではなく、バレバレの状態になっていて、険悪な関係であり、同居していたとしても家庭内別居状態の場合がほとんどです。
逆にコソコソ不倫している人は、連休やイベントの日は家族と過ごすので、調査の依頼は入りません。
現在、お彼岸であり、シルバーウィーク中ですが、探偵に連休など関係なく仕事となっておりますが、上記のように破綻している夫婦からの行動調査ばかりです。
配偶者は不貞行為の事実を認めている場合もありますが、口頭での自白なので、確たる証拠も得ておきたいという相談がありますが、認めているのであれば、別に調査する必要はありません。
直筆で不貞行為の事実を念書してもらい、それでも不安なら公正証書を作成する等すれば良いのです。
行政書士に頼めば数万円で済みますので、探偵に依頼するまでもありません。
既に別居状態になっており、その期間が長いとなると、婚姻関係は破綻しているとみなされるので、不貞行為をしていても、問題にならなくなっており、これも調査してもあまり意味が無くなります。
これらの場合、すべてにおいて調査が必要ないわけではなく、証拠を得ておいたほうが良いケースももちろんあります。
ただ、あまり意味の無い調査をどんどんやってしまおうという探偵社は良心的ではないと言えますね。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

秘密裏の調査は・・・

201550918 | : ■ブログ日記

現在は探偵も興信所も「探偵業」という業種として同業と認識されています。
一昔前の「探偵業法」が施行される前も特に区別をされていたわけではありませんが、簡単に言うと、興信所は身分を名乗って調査する場合が多く、身上調査等が多かったようです。
逆に探偵は、身分を隠して調査をし、対象者に気付かれる事無く調査を完遂するといったところでしょうか。
行動調査においては、探偵の方が比率が多く、興信所にはあまり依頼が無い感じですね。
当社は探偵社ですから、調査に当たっては完全に秘密裏に行うのが基本となります。
依頼者様もそれを望む場合がほとんどです。
しかし、聞き込みでしか得られない情報の場合、身分を偽るにも限界があり、ディープな情報源の人から聞き出したい情報を得るのに難解な状況に陥る場合があり、ここに調査の難しさと面白さがあると思います。
色々な人物になりきれない人には不向きな仕事ですね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

債務から逃げる人は・・・

201520915 | : ■ブログ日記

債権者から債務者の所在調査が入る事があります。
ほとんどが「お金」の貸し借りや、損害賠償絡みのケースです。
お金を借りた人や賠償責任を負っている人(債務者)で、居場所も告げずに行方知れずになる人は、100%に近い確率で、お金を支払う気はありません。
なので債務者を見つけたとしても、お金が返ってくる(支払ってもらえる)可能性は低いでしょう。
あるのに返さない(支払わない)というタチの悪い者もいますが、元より無い(お金が)所からは取る事は出来ません。
なので債権者からの所在調査は、あまりおすすめしておりません。
ただでさえ、戻ってくる(支払ってもらえる)可能性の低いのに、さらに調査費用まで掛かってしまっては、お金をドブに捨てるようなものです。
債務者がきちんと職を持っている場合や、不動産その他の資産があって、債務者本人が見つかりさえすれば、なんとかなるようなケースのみ受件する方針を当社ではとっています。
また、少額の貸金の場合も、調査費用の方が高くなる場合があり、赤字になってしまう事もありうる場合は調査はしない方が良いと伝えます。
債権は有る所からは取れますが、無い所からは取れないのが、世の常であり、承服できないとしても受け入れるしかありません・・・
意地になって債務者を探し出そうとしている相談者には、現実をお伝えして冷静に判断して頂くようにしております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

無いものは出てこない・・・

201510914 | : ■ブログ日記

盗聴器、盗撮器、GPS、発信器等、プライバシーを侵害する機器が設置されているかどうかの発見業務は、当社でも行っております。
先日もGPSの発見業務について、お問い合わせがありました。
GPSが出てこなくても、料金は掛かりますかというご質問がありましたが、当然、料金は掛かりますとお伝えしました。
これは「浮気調査」にも言える事なのですが、実際に調査をして、「黒」つまり、浮気調査であれば、浮気をしていた現実、盗聴器等の発見業務であれば、機器が取り付けられていたという現実があろうとなかろうと、それに伴う労力に対する対価を頂く業務をしているのであって、探偵はボランティアをしているわけではありません。
浮気をしていなければ、浮気をしていないという証拠が調査結果であり、盗聴器やGPSが設置されていなければ、設置されていないという現実が調査結果なのです。
盗聴器やGPSはバッテリー式のものが多く、バッテリーの充電の為に、調査をした日に、たまたま取り外されていたという場合もあります。
そういう場合は、調査を依頼する日の選定の賭けに負けたとしてあきらめるしかありません。
これは浮気調査も同じです。
自分自身で決断した調査希望日に、対象者が浮気をしていなかったからといって、探偵社に文句は言えません。
先日は、車のディーラーから、GPSをバッテリー直結にされていたら、充電で取り外す必要が無く、どこにでも設置できるので、見つけられないだろうと言われたという相談者がいました。
バッテリーに直結して充電の必要が無いのであれば、そして間違いなく設置されているのであれば、発見するのは簡単ですよと伝えましたら、素人のディーラーの意見を強弁し、そんなこと出来ないでしょうと言うのです。
車のディーラーは、車の修理はプロかもしれませんが、GPS等の発見業務をしたこと等無いはずであり、それを信じるのであれば、これ以上話すことはありませんねと、電話を切らせて頂きました。
こういった方とご契約すると、モノが出てこなかった時にトラブルになる場合が多く、付いてないものを付いていると言い張ったりして、とても面倒な事になります。
探偵が調査したものは、現実の結果であり、それが信じられないのであれば、最初から依頼などしないほうが良いのです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

大雨による災害・・・

201540910 | : ■ブログ日記

昨日から関東地方に停滞している雨雲により大雨が続いています。
台風と、雨雲の連撃とは災難としか言いようがありません・・・
既に栃木県と隣接する茨城県西部では浸水被害が出ているようで、今後の雨によっては被害が拡大する可能性があるようです。
局地的な雨雲による大雨のようで、当社の近隣では雨すら降っていない場所もあり、有難い事にまだ何事も起きていません。
しかしこれからの降雨次第では、どうなるか分からないので油断はできません。
津波や洪水被害が起きるたびに思う事ですが、居住する場所は、高台の平地の中央部を選ぶのが良い気がします。
標高の低い、海面や河川の水位より少し高い程度の場所だと、台風や大雨の時に、いつもビクビクしながら生活するしかないので・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »