2015505

Monthly Archive

異性に拒絶されたら・・・

201550508 | : ■ブログ日記

今彼、今カノ、元彼、元カノの所在調査、又は配偶者(妻)の所在調査をしてほしいとう相談が入ります。
しかし普通に考えてみると、何故にそんな密接な関係の人の所在がわからないのだろうという疑問が出ますよね。
今現在付き合っている人の所在が知りたかったら、直接本人に聞けばいいのだし、以前に交際していた人であれば、現在は無関係の人なのだから、知る必要がありません。
結婚している配偶者の所在が知りたいという話も、得体のしれない話ではありませんか?
急に失踪されてしまったのであれば、捜索願を出すのが先決でしょうし、それで警察があまり動かないというのであれば、探偵の出番ですが、警察に捜索願を出す前に探偵に依頼をするのはおかしな話です。
交際しているだけの男女の場合、結婚詐欺や金銭トラブルで、自分の所在を不明にしておいてお金をせしめて逃げてしまうというものもありますので、そのような被害に遭ったと言う場合は調査をすべき案件と言えるでしょう。
しかし、そのような被害が無いのになぜ秘密裏に交際相手の所在を知りたいのか?
突き詰めて話を聞いていくと、まともな返答が出来なくなる人が多いものです。
これらは、元々ストーカーであったり、最初はストーカーではなくても、異性と別れた後にストーカー化してしまった人の場合があります。
婚姻関係がある人の場合、DV(ドメスティックバイオレンス)から逃れている配偶者を見つけたいという歪んだ動機が考えられます。
異性に拒絶されたのであれば、自分が交際する、又は婚姻関係を継続するに値しない者と判断されたということです。
それを未練がましく、しつこく相手を探そうとするのはストーカー行為でしかありません。
このような行方調査の相談は電話相談の時点ではっきりとお断りしています。
ストーカーやDV加害者に加担するような調査はするわけにはいかないからです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ゴールデンウィーク終了・・・

201540507 | : ■ブログ日記

連休が終わり、世の中が平常運転となったような気がします。
探偵には連休も土日もありませんが、当社は運良く、連休の後半戦は少し休めました。
といっても、限外出張になるような緊急の案件が四日の夜に舞い込んできまして、どうしようか迷ったのですが、提携している都心に近い探偵社に案件を回して、休む事にしました。
決して休みたいから、案件を回したのではなく、調査現場により近い探偵社に任せた方が、より良い調査結果になるという理由からです。
信用はお金では買えませんし、お金の為に無理をして信用を無くしたのでは、結果として大損害になります。
なので、依頼者様の利益を最大限に考え、各地に点在している提携先の探偵社や懇意にさせて頂いている探偵社に協力を得て、依頼者を紹介する事にしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

書面での契約が必須

201520505 | : ■ブログ日記

浮気調査を依頼する場合、悩みに悩んだあげくに、意を決して相談されてくる方が多いものです。
また、浮気の確証が持てず、どうしようか迷っている時に、翌日の配偶者の行動に強い疑惑が持たれたので、緊急に調査を依頼したいという方もいらっしゃいます。
これらの場合、急に翌日にとか、下手をすると相談した当日に調査をというケースになります。
どうしてもこれしかチャンスが無いという場合、当社では柔軟に対応はしておりますが、基本的に調査を実施する以前に、書面での契約をする事と探偵業法で定められていますので、実際に面談する時間が必要となります。
なので、当日に調査をするとなれば、せめて調査開始6時間前までに契約を済ませ、調査の事情を確認しておかなければ、まともな調査はできません。
契約には、依頼者の本人確認(免許証等)、重要事項の説明、違法な行為に調査結果を使用しないという誓約書、そして調査日や料金の支払いについて詳細に記載されている契約書を作成し、記名押印したものを2部作成し、双方が1部ずつ控えなければなりません。
これだけでも相当の時間が掛かりますが、この後で最適な調査計画を検討し、最適な機材を手配し、最適な人員を配置し、現場へ向かうようになります。
ですから、どうしても今日しかチャンスが無いという場合でなければ、余裕をもって調査の依頼をされる事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

続く学校関係者の浮気調査・・・

201550501 | : ■ブログ日記

ここのところ、浮気調査の対象者が、学校関係者や公務員の案件が多くびっくりしています。
小中学校の教師や、教師を辞めて塾の講師になった人、盲学校の事務職員、幼稚園の保育士、市役所や県職員等の公務員、消防署勤務の救急隊と、上げだしたらキリがない位です・・・
教師だから、公務員だからと、品行方正に努めろとは言いませんが、ちょっとタガが外れ過ぎのような気がします。
堅い仕事としての表の顔の時によほど鬱憤が溜まっているのか、裏の私生活になると別人になってしまう人が多いのでしょう・・・
そんな風になってしまうなら、表の顔の時にもくだけた感じで生活していたらいいのにと思ってしまいます。
違法行為や職務怠慢はいけませんが、ガチガチになって仕事をする必要は、公務員や学校関係者だからといって要求されてはいないはずです。
不貞行為は民事上の違法行為であり、公序良俗に反する行為です。
私生活だからといって許されるものではないということを知った上で不倫を楽しんでいるのか、たまに対象者に聞いてみたくなります。
中には、市役所の同じ課で隣合ってる席の男女が、業務中の外出時も含めて不倫行為をしていたというものもあり、黙って見過ごしていいものかと悩む案件もありました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

« 前ページへ