探偵同士で警戒してしまった対象者の案件を話すと、とても困難な調査になるという事に誰もが同意します。
浮気調査の場合、配偶者が自分で調査をしてしまい、それが発覚してしまってから、プロの探偵に依頼するという場合があります。
これ以上自分が調査したのでは、見つかってしまうからという事なのですが、ちょっと気付くのが遅いと言わざるを得ません・・・
いかにプロの探偵と言えども、警戒している対象者を密かに尾行しながら撮影するなどは至難の業となるからです。
警戒してしまった人は、誰それ構わずに、怪しい人物と認識し、視界に入った人を怪しみます。
キョロキョロと全ての者を警戒するのですから、探偵がどんなに密かに行動していても調査は困難になります。
透明人間にでもなれれば別ですが、自分が見れる所は、相手からも見れる場所なので、都合よく遮蔽物でもあれば別ですが、それ以外は対象者から調査員も見えてしまう事になります。
同じ人間がいつも視界に居るという現象は、普通ではありませんから、対象者が場所を変えたら、調査員も別の者にチェンジしなければなりません。
となると、人員の増員という事になり、調査費用も高額になってしまいます。
こうなる前に、最初からプロの探偵に依頼するのが得策と言えます。
自分で調査して、きちんと証拠が得られるのが、費用も掛からずに一番利益になると思いがちですが、それはギャンブルです。
少ない確率でギャンブルをするか、高い確率で多少のお金を掛けてもプロの探偵に頼んで間違いのない証拠を得るか、これ自体がギャンブルと言えます。
ただ、自己調査を失敗した時の不利益を考えると、探偵に任せる事をおすすめしたいです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社