先日ある裁判で、夫が行きつけのクラブのママと数年に渡り不倫行為をしているので、妻がクラブのママに対して慰謝料請求をするというものがありました。
判決は、クラブのママは商行為の一環として、男性と性行為をしたのであって、それは風俗嬢がしている業務と変わりが無く、家庭を持つ男性との不貞行為ではないので、慰謝料請求は出来ないというものでした。
簡単に言えば、風俗は恋愛感情ではなく、それを生業としている業務であり、仕事の一環であるからして、クラブのママもそれと同じ事をしただけであるということでしょう。
定期的に金銭を授受したり、住まいを提供したり、またクラブへも客として金を落としていれば、良いスポンサーとして大事にしてくれるのは当たり前であり、実際に、そこに恋愛感情はあまり無いのかもしれません。
なので、不貞行為とは認定されないというのが、法律家の理屈なのでしょう。
このような判例が通るのですから、それに沿った対応を世の奥様方はしなければなりませんね。
しかし、慰謝料の支払いは免除されたようですが、風俗嬢扱いをされたクラブのママさんは、どういった心境なのでしょうね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社