警察がするのが捜査で探偵がするのが調査と言えるかと思います。
捜査とは犯罪に絡むものですから、警察がするものであることに間違いはありません。
それに変わって調査とはなんぞやとなりますが、これに対しての定義は幅が広いので、一言では語れませんが、探偵が行っている業務は「調査」であると言えます。
そして、その捜査と調査についてですが、同じような業務になる部分があり、それが尾行や張り込みといった行為となります。
捜査であれば、容疑者の行動を監視し、又は逮捕する為に張り込んだり尾行したりしますし、調査(探偵の業務)であれば、調査対象者の行動を記録する為に張り込んだり尾行したりすることになります。
行っている行為は同じと言えますが、決定的に違う部分があります。
それは、業務に対する意識です。
警察が行う捜査は、天下御免の警察手帳や親方日の丸からの指示を得た公務となりますし、その予算も莫大です。
逆に探偵が行う調査は、依頼人からの要望に沿った業務であり、予算も限られ、業務に対する権限も、日本においては何もありません・・・
このような探偵業界において、警察OBの調査が通用するのか?という疑問があります。
結論から言うと、通用する部分と通用しない部分があると言えるでしょう。
限られた予算と日程、さらに限られた人員で結果を出せるスキルを持っているのが探偵です。
しかし、人員が足らなければどんどん補充されたり、ましてや予算の心配など皆無かもしれないのが捜査を行っていた警察の認識でしょう・・・
そういった警察関係者が探偵になった場合、ギリギリの環境で結果を出すという調査手法に違和感を覚えることでしょう。
警察OBが在籍しているとか、顧問になっている探偵社だという宣伝文句を発する探偵がいますが、単なるハッタリと言えます。
探偵業法と言う法律は施行されましたが、探偵に得られた権限は何もありません。
そういった環境の中で、依頼者の要望する結果を得てくる技術を持っているのが探偵です。
権限を持った捜査を行える警察とは違い、なんの権限も無い探偵は独自の手法にて結果を得ているのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社