2015601

Monthly Archive

対象者が公務員と医療関係者ばかり・・・

201560131 | : ■ブログ日記

ここのところ、浮気調査の依頼を受けると、調査対象となる人物が「公務員」や「医療」「介護」関係者ばかりで、とても驚いています。
それだけ上記の職種の人間が不倫に走る傾向があるということなのでしょう・・・
人間は抑圧されると、どこかでそれを発散させなければ、毒ガスが溜まるが如く精神が病んでいくと思われますが、その発散方法が不倫なんでしょう。
不特定多数の人々と接し、業務中は規律や品格を保たなければならない業界にいると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていくのかもしれませんね。
元教師の学習塾を経営している初老の男性は、身勝手な理屈で妻と子供と縁を切り、元教え子と不倫の末に一緒になろうとしているという案件がありました。
この塾長は、小中学生の子供たちに対し、勉学だけでなく、道徳的なモラル学習みたいなものも取り入れており、人の道みたいな精神論を唱えているのですが、まず自分の自己中心的なエゴイズムをどうにかしたほうが良いのではないかと調査していて思いました・・・
このように、御堅い仕事をしている方達には、裏の顔があるものです。
全ての人に当てはまるわけではありませんが・・・
どんなに表面を取り繕っていても、裏ではどす黒い欲望に取り込まれている人達を探偵はまざまざと見せつけられる仕事です。
「人の性、悪なり」という言葉がありますが、この商売をしていると、まさにその通りではないかと思ってしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査日の天候

201550130 | : ■ブログ日記

浮気調査において、調査日の設定はとても重要になります。
対象者が、浮気相手と会っていても会っていなくても、行動調査をすれば料金が発生するからです。
できる事なら実際に浮気をしている日だけに調査をしたいのは、依頼人様全員が思われる願望ですが、人は思い通りに動いてはくれないのが現実であり、空振りの調査が発生するのは致し方ないものです。
さらに、決定した調査日が悪天候になってしまった場合についてですが、例えば大雪、大雨、台風などの自然災害に近いような天候だった場合、調査は順延したほうが得策と当社では考えます。
そのような悪天候ですら出会いたいという不倫カップルも存在するとは思われますが、これまでの経験上、悪天候時は会わなかった場合が多く、空振りになったケースが多々ありました。
また、悪天候だと撮影に支障が出る為、対象者を特定できないような映像しか撮れない可能性があり、無理して現場に出向くのは賢明ではありません。
もちろん、その時しかチャンスが無かったり、依頼人様からの強い要望があれば別ですが・・・
当社では、調査日の事前変更に対応しておりますので、天気予報により調査当日の悪天候が見られる場合、次回の調査に順延する事が可能です。
調査日の選定はとても難しい場合がありますが、当社では柔軟に対応し、余計な料金が発生しないように務めております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

副業探偵には依頼しない

201530128 | : ■ブログ日記

探偵業を「副業」で営んでいる方達が存在します。
代表的な職種は、「便利屋(何でも屋)・不動産屋・結婚相談所・古物商・その他」を本業としている方達です。
上記の職業を本業としている方達は、調べものをする機会がある為、又本業のお客様からの要望で各種調査をする業務が発生する為、探偵業法に乗っ取って探偵業の届け出をしているだけの素人探偵です。
中には届け出を出していない、モグリの副業探偵もいるようですが、そのような所はいずれ摘発される事になるでしょう。
問題なのは、簡単な考えで探偵業の届け出を出して、副業として探偵業を始め、堂々と宣伝までしているところです。
素人に毛の生えたような知識と調査スキルで、依頼を受け、ろくな調査結果が得られなかったり、調査自体が大失敗という場合も多いようです。
逆に探偵をメインとして営業し、その傍らで別の副業をやっているのなら大丈夫でしょうが、それでも普通の調査力があるのが前提での話です。
以前、便利屋の調査現場を見る機会があったのですが、ひどいものでした・・・
ビデオカメラには私的な撮影データがごっそり残っているし、日付の設定も出来ない、赤外線照射のスイッチもわからず、ICレコーダーも持たずに記録を取ろうとしている始末。
ビデオカメラのバッテリーの予備も無く、電池切れになったらどうする気だったのか、ぞっとするような現場でした・・・
彼らは本職の探偵が助手で使う程度の仕事しかできないと思われます。
当然、直接依頼人から仕事を受けても、素人仕事しかできないでしょう。
彼らの所で目を引くのは、その料金の安さです。
副業でやっている為、小遣い程度の収入があれば良いという考えなのか、とうてい考えられないような安い料金設定になっています。
デフレの時代ですが、安ければ良いという考えだと、とんでもない欠陥品をつかまされる事もあるのを認識しておくべきでしょう。
それは探偵でも同じです。
探偵を副業にしている所はご用心ください・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵の探偵

201520127 | : ■ブログ日記

先日、ふらっと寄った書店で 「探偵の探偵」という小説を見つけ、そのタイトルに興味をひかれて少し立ち読みをしてみました。
従来の探偵物の小説は、警察と一緒になって推理したりするものが多く、本物の探偵とはかけ離れた設定ばかりでしたが、この小説は別でした。
簡単に内容を説明すると、ある事件で姉妹を失った若い女性が、加害者に情報を売ったのが探偵と知り、探偵の内情や技術を得る為に探偵学校に入り、独自に悪徳探偵を潰していくというお話です。
まぁこの設定自体、実際には難しいものではありますが、どこかの探偵事務所が探偵業界の浄化の為に立ち上がるという事はあり得なくはないと思われます。
実際には探偵協会のような団体ががやる事だとは思いますが・・・
さて、この小説に出てくる悪徳探偵や探偵の手口、業務における思考方法等、全てではありませんが、現実に我々が行っているものが随所に現れ、自分自身が本物の探偵であっても、中々面白く読めるものになっていました。
推理小説のような回りくどいトリックを解明するのではなく、日常生活においての細かい先読みをする事が現実の探偵の業務テクニックであり、知ってしまえば、なんだそんな方法でということが多いものです。
そういった現実の調査手法がちりばめられているとリアルな探偵物の小説となり、業界の者としても面白く感じ、おもわず購入してしまいました。
とは言っても、あくまで小説なので、現実にはほとんど発生しない格闘のアクションシーンや、暴力団顔負けの悪徳探偵による犯罪シーンが出てきますが・・・
当社では、そういった悪徳探偵を摘発するような業務は行っていませんが、探偵に調査されているかどうかの依頼は入った事があります。
探偵が調査をしている探偵を調べるというものでしたが、中々面白い案件でした。
同業者なので、張り込み場所や尾行スタイルの考えは同じですから、自分ならあそこかな?という場所を探すと、すぐに探偵が見つかりました。
たまにはこのような依頼が入ってほしいものですが、自分が逆になったことを考えるとゾッとしますね・・・
話は戻りますが、ちょっとだけリアルな探偵ものを読みたいのであれば「探偵の探偵」はおすすめです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

浮気調査期間中の我慢・・・

201510126 | : ■ブログ日記

浮気調査において、依頼者様は、調査期間中に平静を装う事が大事です。
浮気の確証が無くて調査を依頼し、浮気の事実が確定したと調査会社から連絡が入った時等は、精神的ショックで不安定になりますから、とくに平常心を保つ必要があります。
調査期間が長引いた場合、平静を維持するのはとても辛いと思われますが、ここで辛抱しないと全てが水の泡になってしまいます。
極端な例をいいますと、調査の進行状況を逐一連絡してほしいという要望の場合、対象者と浮気相手がホテルや自宅に二人で入った所をとらえた後、メールや電話で状況報告をすることになりますが、場所を聞いたとたんに現場に急行してきて、対象者や浮気相手に掴みかかったという案件がございました。
これが調査の末期であれば良いのですが、初期の段階でやってしまうと、次の調査が不可能になってしまいます。
不貞行為の常習性や継続性が問われる離婚裁判では、複数回の証拠が必要になってきます。
一時の感情で証拠を少なくしてしまうのは、相手に利益を供与してしまう行為であり、自分にはとても不利益な行為です・・・
事実を知っているのに我慢しているという精神状態は、とても辛いことであり、うつ状態に近い状態になってしまう依頼人様もいらっしゃるほどです。
身体を壊してまで我慢する必要はありませんが、もし耐えられるのであれば、完全に調査が終了するまでは我慢する事がとても大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

PCメールで浮気を知ったら・・・

201550123 | : ■ブログ日記

夫・妻の浮気がパソコンのメール、SNSのメッセージなどでわかった・・・
そんなとき、即座に浮気を問いつめるのは得策ではありません。
まず、イタズラメールやふざけているだけではないかどうかを確認しましょう。
サイト広告だったり、スパムメールである可能性もあり、友人とふざけてメールをやりとりしていたというケースもありますので、冷静に確認したほうが良いです。
そうした上で、浮気だと断定できる、または浮気だと疑わしいというときには、画面を撮影しておきます。
この時、デジカメや写メの静止画でも良いですが、ビデオカメラの動画だとさらに証拠としては良いでしょう。
文面をコピペしたり、自分宛ににメール転送しても、「ねつ造だ」と言われることもあるからです。
そして、パソコンのメールやメッセージだけでは法的な浮気の証拠にはなりません。
写真から浮気だと判断できるケースもありますが、日時が入っていて明確でないと難しい場合があります。
法的な証拠としては、浮気相手とのホテルの出入り、相手の自宅への出入りを、日時と滞在時間、場所を明確にわかる形で撮ることが大事です。
調停や裁判に以降した場合、自分では配偶者だとわかる静止画や動画でも、第三者がみて分からなかったり、横顔や後ろ姿では、自分ではないと相手に主張されることもあります。
証拠は確実なものが必要です。
言い逃れのできない証拠をとった上で、話し合いに入ることが大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

債務者の行方調査は・・・

201540122 | : ■ブログ日記

行方調査で多いのが、借金苦で逃げた相手を見つけたいという依頼です。
それも数十万程度の貸金の場合が多く、あきらめた方が良いですとお伝えするようにしています。
世の中、費用対効果が成立しないものは、逆に損をしてしまうのは常識です。
例えば、15万円の貸金を回収したい為に、行方調査に20万円掛かったとしたら5万円の損になります。
それならやらないほうが良いという事になります。
借金を作って逃げている人は多重債務になっている場合がほとんどであり、自分だけが貸していると思ったら間違いです。
とうてい返せない事態になってしまったから、現状の社会生活を捨てて身を潜めているのですから、社会保障制度には無加入でしょうし、口座があったとしても残高はゼロに近く、クレジットカードもブラックになっている事でしょう。
となればそれらからたどる調査は不可能となり、可能性としては対象者をかくまってくれる知人か身元不明者でも雇用してくれるような業界を総当たりで調査するようになります。
こうなってくるとどれだけ調査日数が掛かるか、やってみないと分からず、このようなケースの場合、当社では掛かった日数による従量課金での調査料金を請求するようにしています。
中には、それほど遠方ではない知人宅に潜伏している対象者もいますので、調査してみる価値はあるかと思いますが、短期間でみつからないようであれば、打ち切りにするのが得策と言えます。
対象者がどこかで自殺でもしていて、遺体も見つかっていない状態だったとしたら、この世に存在しない人を探しているという事になってしまいます。
金の貸し借りは世の常ですが、人に金を貸す場合は良く考えて、もしどうしても貸してあげなきゃいけないのであれば、貸すのではなくあげたものとして認識するくらいの気持ちで貸すのが良いのかと思います。
そしてそう思える位の額にしておくことも大事ですね。
世捨て人となった人を探すのは困難なのですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

成功報酬の錯誤

201530121 | : ■ブログ日記

探偵社の中には「成功報酬」のシステムをとっている所があります。
しかし、成功報酬の定義とはなんでしょうか?
ここで勘違いされてしまう依頼人がいらっしゃるようで、成功報酬制を採用している探偵社の説明責任がきちんとなされていない現状が垣間見れます。
まず、探偵社側の「成功」とは、行動調査(浮気調査)の場合、対象者を見失うことなく、契約時間内の対象者の行動をとらえ、記録に残せた事です。
対象者が浮気した現場をおさえた時だけが成功ではありません。
対象者が浮気してても、してなくても、調査は成功なのです。
調査した日に浮気をしていなかったという事実をとらえた結果でも成功なのです。
依頼者側の成功とは、浮気の現場をとらえた場合と認識してしまっている事が多く、当社への問い合わせでも、調査した日に対象者が浮気していなかったら無料ですかという質問がありますが、そんな営業していたらボランティアと同じになってしまいます。
成功報酬とは名ばかりの、後払い制度なのに、依頼人の欲する結果でなければ無料のように思わせて、とりあえず契約してしまおうという姑息な営業をしている探偵社がいるので、契約や料金トラブルが一部の探偵社で発生しているのです。
そして依頼者に錯誤を与え、調査業界全体に悪影響を及ぼしています。
料金の額や支払制度については、それぞれの探偵社の方針があるので自由でしょうが、業界のイメージが悪くなるような営業はしてほしくないものです。
料金については、見積もりした総額をきちんと伝え、それで納得されたら契約するのが基本であり、適正な着手金を支払って頂いて調査を開始するのが健全な営業といえると思います。
食いつきの良い宣伝をしたところで、一時だけのものでしかないのですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

自力救済は・・・

201520120 | : ■ブログ日記

自力救済の禁止とは、私人が法の定める手続によらずに自己の権利を実現することを禁止する原則を意味します。
つまり、いかに自分が被害者であっても、それらの争い事において、自分の主観によって実力行使等の手段を使って解決してはいけないということですね。
例えば、妻に不倫をされたからといって、暴力を振るったり、脅迫しながら金銭を要求したりする事はできません。
これは当社に相談に来られた方からうかがった話ですが、妻に不倫されて怒り狂い暴力を振るった相談者は
不倫の被害者から一転して、傷害、並びに脅迫・強要・恐喝の刑事事件の加害者になってしまった相談者は、妻と不倫相手から告訴を取り下げる事を条件に、民事上の不倫問題を無かったことにされてしまったそうです。
日本は法治国家ですので、私刑を行使することはできません。
それは夫婦や家族であっても例外ではありません。
上記の相談者の妻が、計画的に殴られたのではないとは思いますが、法律の活用法を知っており、相談者より一枚上手であったのは間違いありません。
相談者がとるべきだった行動は、まず不倫の証拠を掴み、それを元に妻と不倫相手に慰謝料を正当に請求することでした。
正当にとは、相手に対して暴力はもちろんですが、脅迫観念を抱くような言葉を使わず、またその場所もお互いに対等に、またいつでもそこを脱する事ができる環境である事が必要です。
いかに正当な要求でも軟禁状態の環境下では、不当要求になってしまいます。
自分が被害者だからといって、加害者に対して好き放題な事はできないのです。
上記の相談者は母親と一緒に来社し、二人して「自分たちは被害者だ」と面談時に声を荒げて私に反論していましたが、探偵社に文句を言っても何も好転はしません・・・
法治国家の国民である以上、法に従って生きるしかないのですから。
ちなみに、出て行った妻と子供を探してほしいという依頼だったのですが、DVの認定をされてしまっているらしく、調査は受ける事はできませんでした。
自力救済はせずに、法の下に解決するという事を知ってさえいれば、被害者が加害者になってさらなる悲惨な状況にはならなかったのです。
浮気が発覚した時点で相談に来て頂けていたら・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

料金を言わない探偵にご用心・・・

201560117 | : ■ブログ日記

探偵社に問い合わせをする時に、依頼人が一番知りたい項目は「料金」といえます。
お金が払えなければ依頼する事はできませんから当然ですね。
しかし電話相談の時点で一切の料金を返答しない探偵社が存在します。
いわゆる大手と呼ばれる探偵社にこの傾向が多いようです。
これについての結論から言いますと、莫大な調査料金を電話相談の時点で言ってしまうと、そこで依頼人は諦めてしまい受件できなくなるからです。
そこで彼らは、とにかく面談をして詳しい話を聞かせてほしいと言ってきます。
詳しく調査内容を聞かせて頂ければ正確な見積もりを出せますと言い、なんとかして面談まで持ち込もうとします。
面談になったらキャッチセールスの如く、怒涛のセールストークが始まり、調査をしないととんでもない事態になるように怖がらせたり、今すぐ調査しないと手遅れになる等と急かせたりして、高額な調査契約を結ばせようとしてきます。
見積額を見て、これじゃ無理だと言い出すと、消費者金融を紹介すると言い出して借金させてまで契約させたり、それでも渋っていると、急に値段が半額になったりするようです。
100万円が50万円に値引きとか、ありえない話ですよね・・・
それで怪しく感じて契約を拒否して帰ろうとすると暴言を吐かれたりすることもあると聞きました。
大手が全てこのような探偵社とは言いませんが、上記のような悪質な探偵社に引っ掛からないようにするにはタイトルにもありますが
「料金を(電話相談の時点で)言わない探偵社」には、面談すらせずに拒絶すべきです。
大きく広告を出しているから安心だと思うのは間違いです。
実情は莫大な広告費を出している為に、料金を高くしてやりくりしているだけなのです。
同じ調査技術なら、安価で適正な料金体系で経営している探偵事務所に依頼される事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »