2014512

Monthly Archive

年末年始休暇

201451226 | : ■ブログ日記

怒涛の12月を終え、当社は年末年始休暇に入りました。
探偵社は基本的にクリスマスが終わると、一般的な調査の依頼は、あまり入らなくなりますので、早めに休暇にすることにしています。
また、年始もよほど緊急の案件でなければ、ご依頼者様からの相談もありませんので、松の内位まで年始休業と致します。
緊急の案件のご相談に対応するために、電話は所長に転送されることになっておりますので、急ぎのご相談の場合でしたら、遠慮なくお電話下さい。
それでは、年末休暇に入らせて頂きます。
よろしくどうぞお願い致します。

突然の離婚要求には・・・

201461220 | : ■ブログ日記

何の前ぶれもなく、今すぐ離婚してほしいと配偶者から言われてしまった。
離婚になんらかの理由を付けているようだが、離婚されるようなほどの事ではない・・・
こんなケースは多いものです。
このような場合は高確率で不倫相手が存在しているものです。
考えられる事は、不倫相手に独身だと嘘を付いていて結婚を急かされていたり、不倫相手を妊娠させてしまった等の原因があげられます。
突然離婚を切り出されたら、あわててしまうのは当然ですが、ここで一旦落ち着きましょう。
通常の婚姻生活を送っていたのであれば、離婚の要求にまともに応じる必要はありませんから、まずは隠されている真実を突き止めましょう。
もちろん不倫などの不当行為が全く無いというケースも存在していますが、これまでのデータで見てみると、ほとんどの場合、配偶者に異性の影が出てくるものです・・・
不倫、不貞行為という裏切り行為をされた上、それを隠されたまま離婚させられてしまったのでは悲惨な悲劇としか言いようがありません。
不倫をしていた事実が発覚してから離婚すると、配偶者は有責となりますので、慰謝料の額も倍増してしまいます。
それらを回避する為の隠ぺい行為をされる前に調査をしてしまいましょう。
証拠が無い紛争は嘘吐きに有利な展開になってしまいます。
一旦冷静になり、我々探偵にご相談くださることをおすすめ致します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

アホな弁護士にご用心

201471214 | : ■ブログ日記

弁護士は司法試験に合格した法律家としては最高峰の方達です。
法律家は弁護士だけでなく、司法書士や行政書士も法律家の仲間であり、簡単な法的手続きであれば、彼らでもできる事はたくさんあり料金も安価で済むことが多いようです。
しかし、弁護士であれば全ての法律業務をこなせる為、こみいった紛争などの場合は最初から弁護士に頼んでしまったほうが良いという実情もあります。
近年では、インターネットの発達で、簡単な法的な対処は自力で知識を得られるようになり、個人的な紛争の場合は、法律家に頼らなくても解決できるケースも増え、弁護士も受難の時代になっているようです。
ベテランの弁護士事務所に居候して、法律実務を勉強し、実地の業務を身に着けてから独立というのが定番だった新人弁護士の修行ですが、不景気な弁護士業界では修行目的の居候を雇っておけない為に、どこにも雇ってもらえない新米弁護士が発生しています・・・
しかし、弁護士資格は持っているので、最初から自分の事務所を構えることも可能で、実務経験の無いままに弁護士事務所を開設してしまう人も出てきました。
いくら司法試験に合格したからといって、多方面にわたる社会トラブルの実務については、対処法を熟知できておらず、素人同然の弁護士がうようよいる時代になっています。
そんなことはつゆ知らず、素人弁護士に相談に行ってしまった方は実に不幸です。
これはその一例ですが、当社に浮気調査の相談に来られた依頼人は、浮気している配偶者のメールのやりとりの写メだけで浮気の証拠になると弁護士に言われ、それだけの証拠を元に配偶者を問い詰めた所、てきとうに言い訳されてしまい、重度の警戒をされるようになり、以後の調査が困難になってしまいました。
証拠は複数回必要であり、その内容は決定的なものでなくてはならないのが鉄則であり、依頼人に不利益になるような、適当なアドバイスをしてしまう弁護士がいるものだとあっけにとられたのを覚えています・・・
弁護士にも悪徳弁護士もいますし、素人弁護士もいます。そして専門分野もありますので、弁護士選びは慎重に行ってください。
探偵事務所と提携している弁護士であれば、離婚関係や民事については専門的な弁護士が多いので、まずは探偵事務所にご相談されることをおすすめします。
まずは証拠が必要で、法律家も証拠が無ければ動きようがないのですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

補助的な証拠

201451212 | : ■ブログ日記

メールやラインでのやりとりや音声の録音等で、浮気の証拠を握ったと思われるかもしれませんが、これらは間接証拠となり、決定的な証拠の補助的な要素にしかならず、間接証拠だけでは裁判などになった場合に決定力に欠けることになってしまいます。
しかし、日付時間入りの動画で行動記録が撮られており、その行動が不貞行為と認められるものであれば、補助的な証拠類が全て生きてきます。
なんせ、言い逃れのできない決定的な証拠があるのですから、それに付随した文章や会話、又はホテルやレストランのレシート等は不貞行為の継続性や期日等の具体的な証明となり、重要な証拠と成り替わるのです。
ですから、メールやラインでの浮気相手とのやりとりを見つけたら、それを写真に取っておき、その場で問い詰めたりせずに、行動調査をすることを優先しましょう。
補助的な証拠のみですと、往生際の悪い相手の場合、とんでもない言い逃れをしようとしてくる可能性が高く、その段階で問い詰めたりすると、調査に支障が出てしまいます。
平静を装って我慢しているのは精神的に大変なのは理解できますが、証拠をおさえるまでは我慢が大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

「浮気の相談」にご注意

201461206 | : ■ブログ日記

夫や妻が浮気をしているかもしれないと感じた、又は浮気をしている証拠を見つけたら、家族や友人に相談することは多いものです。
しかし、その「浮気の相談」には注意してください。
信頼して話したのに、相談相手が周囲に言いふらしてしまったということもあります。
相談相手は慎重に考えなければなりません・・・
心にダメージがある状態で、話を聞いてもらいたい、ダメージを軽くしたいとお考えであれば、カウンセリングも方法のひとつです。
さらに、気をつけたいのが「どこで話すか」が大事です。
喫茶店やファミレスなど第三者がいるところで話をすると、盗み聞きをされてしまっていることがあります。
そこから噂になって、より深刻な状況に陥る可能性もあります。
メールやSNSで相談したりすると、配偶者に盗み見されてしまって、浮気の事実を知っている事を知られてしまうというケースもあります。
相談場所と相談方法には充分ご注意ください。
親身になって相談に乗ってくれて、何らかの行動をしてくれたとしても、自分にとって最良の事をしてくれるとは限りません。
より大事になってしまい、余計なお世話をされてしまったケースはごまんとあります。
そういう身近な知り合いに家庭の事を話してしまう前に、離婚カウンセラーや探偵社にご相談されることをおすすめします。
そして浮気の事実を隠ぺいされないように、早期に不貞の証拠を取得しておくことが大事です。
それには、証拠が揃うまで秘密裏に行動しなければなりません。
平静を装い、いつも通りの態度で過ごし、相手に警戒される事無く証拠収集を遂行するのです。
絶対に、安易に知人に相談をしてしまってはいけません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

近頃の老人は・・・

201451205 | : ■ブログ日記

太古の昔から 「近頃の若い者は・・・」という、年配者の嘆きの言葉がありましたが、最近では 「近頃の老人は・・・」という言葉が多くなってきているようです。
老人と言えば、長い時間を掛けて世の中のあらゆることを対処してきた人生のプロフェッショナルといった認識があると思います。
全ての人がそのように生きてきたとは言いませんが、若い者よりは社会の常識をしり、それを実践できるのが年配者といえるのではないでしょうか?
しかしそれが、最近では違ってきているようなのです・・・
団塊の世代と言われる年代あたりの方に多いように思いますが、電車や飲食店、公共施設でのマナー等で、とてもいい歳をした大人とは思えないような行為をはたらいている老人がいるようです。
具体的な例では、満員電車に飛び込んできた老人が、その身体能力の衰えから足をドアに挟まれてしまい、若い人たちでドアを開けて助けたら、後ろから来た連れの友人に 「儲かった!あんたもはよ乗らんか」と、礼も言わずに、次の電車まで待たなくてよかったみたいな感覚しかなかったという話があります。
こんなのはまだ序の口ですが、あげ出したらキリがないので、割愛しますが、全くもって嘆かわしいと言わざるをえませんね。
安保だ学生運動だと、集団心理で大暴れしていた人のなれの果てと思えば、品性下劣な行動にも納得はいきますが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社