依頼者の中には、ある人物に復讐をしたいので調査をしてほしいという相談をしてくる方がいらっしゃいます。
復讐と言っても様々な方法がありますので、違法性のない復讐であれば良いのですが、法に触れる様な復讐の方法を考えている方のご協力はできません。
探偵業法にも、調査結果を違法な行為に使用する為の依頼は受けてはいけないことになっています。
ただし、調査対象者自体が、違法行為をしている犯罪者で、その違法行為の証拠をつかみ、警察に告発することによって復讐を遂げるというような場合でしたら、調査は可能です。
逆に、対象者の自宅をつきとめて、暴力行為や嫌がらせの類をしようとするような計画だった場合は、調査は受けられません。
ただ、悪知恵が働く人の場合、調査の動機をごまかす事は容易く、我々もそれ以上詮索は不可能なので受けてしまう可能性があります・・・
それによって、ストーカーからの依頼を受けてしまった探偵が、被害者の個人情報を調べてしまうという残念な結果になることがあります。
同業者を擁護するわけではありませんが、一番悪いのは嘘をついて依頼してくる方達であって、我々調査業者は契約の時に調査結果を犯罪行為に使用しないという同意書をもらっており、これ以上の確認をするのであれば、依頼を受ける時に依頼人の調査をする事になってしまいます・・・
ただ、あからさまに復讐をする為だと言っている依頼は、一部の悪徳探偵以外は絶対に受けておりません。
もちろん当社も同じです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社