2014207

Monthly Archive

不倫の代償

201420729 | : ■ブログ日記

テレビドラマや映画、漫画や小説の恋愛もののテーマに多い「不倫」ですが、現実に不倫するとどうなるか、きちんと理解している人は少ないようです。
ドラマや小説などでは、不倫によって家庭が壊れるところ辺りまでしか描かれず、その後についてはあやふやな場合が多く、現実社会においても、よその旦那さんや奥さんと関係を持ってしまっただけで、謝れば終わりかな?程度に考えている人が多いものです。
しかし、不倫は不法行為であり、それによって相手を離婚させてしまって家庭を壊したら、損害賠償責務を負う事になります。
もちろん訴えられればの話であり、不倫相手の配偶者が何も事を起こさなければ、一円も払わないで済みますが・・・
しかし、探偵事務所に相談に来られた方たちは、ほとんどの場合、浮気相手に慰謝料の請求をしています。
それは、浮気調査をして、相手が言い逃れのできない証拠を得ているからです。
探偵に調べられたら、浮気をやめるしか、浮気を隠すことはできません。
ちょっと人の旦那さん(奥さん)を借りただけなどと、軽い気持ちで不倫するのはかまいませんが、その代償は数百万の慰謝料となって自分に降り掛かる事を知って、初めてオロオロするのです。
金ならいくらでもある、訴えるなら訴えろという考えなら別ですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

どこからが不貞行為になるか

201460726 | : ■ブログ日記

離婚の理由となる不貞行為とは、何をもって不貞行為というのか?
ほとんどの人が正確には理解していないようです。
法的に不貞と認められる行為とは、下半身が関連した行為であり、キスや抱擁程度では認められないようです。
いわゆる性行為と呼ばれる行為をしたかどうかが焦点となりますが、行為そのものを証拠として得られる事はほとんど無いのが現実です。
得られる可能性があれば、対象者が野外での性行為をしている場合といえるでしょう。
車の中や公園のベンチ等でしていれば、行為そのものの撮影ができますので、100%不貞行為と認定される証拠となります。
しかし、そんな野外でする性癖の人は少数派ですので、一般的にはラブホテルやシティホテル、どちらかのアパートやマンション等で不貞行為をしているのがほとんどです。
その場合ラブホテルは性行為をしに行く場所と認知されている所ですから、そこへの出入りがあれば不貞行為と認定されます。
シティホテルの場合は、同じ部屋に入って宿泊するか、長時間の滞在を証明する必要があるので少々やっかいです。
アパート等の場合も、滞在時間や常習的に通っているという証明をする為に、調査にある程度の期間が必要になります。
不貞行為は、配偶者がそれを認めてしまえば、別に証拠をとる必要はありませんが、悪あがきをして、不貞行為を否認してきた場合、証拠があれば認めざるを得なくなるでしょうし、それでもしらを切るようであれば、その証拠を提示して裁判をおこせば、有利に事が進められます。
その証拠とは、下半身が絡んでいる行為をしているそのものの画像、又はその行為をしていると常識的に認定できる場所への出入りの画像ということになります。
なので、二人で食事をしていたとか、手をつないでいたとか、キスをしていたというものでは不十分と言えます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

法律を知らないと・・・

201430723 | : ■ブログ日記

ご近所トラブルの被害者が加害者側に、きちんとした証拠が無い状態で文句を言いに行った時に、証拠も無いのに犯罪者扱いされたので、名誉棄損で訴えると言われ、嫌がらせを泣き寝入りしそうになっっていた案件があります。
しかし、名誉棄損が成立するには「公然性」が必要となり、一対一でのやり取りの中に名誉を棄損されるような言葉があったとしても、罪にはなりません。
「公然」とは、一般に「多数または不特定のものが認識し得る状態」と解されています。
目視で悪戯犯を確認していた依頼者は、自分が見たのな何よりの証拠と思って抗議に行ったのでしょうが、相手が悪質な人間だった為に、証拠を出せと居直られてしまい、さらには名誉棄損で訴えるとまで言われ、どうして良いのか分からなくなり、動いてくれない警察にも失望し、探偵事務所へ相談してきたのは正解でした。
悪戯が続いているのが幸いで、これから秘密裏に完璧な証拠取りに協力させて頂きます。
玄関先の器物を破損させられたりしているそうなので、相手がしている事は完全に刑法に該当する犯罪行為です。
当てはまらない名誉棄損罪で訴えるという脅し等には屈せずに逆に相手を訴えられます。
このように、簡単な法律を知らないと、自分たちの勝手な解釈で不利な状況に陥ることもあります。
トラブルが発生した場合には、専門家に相談することも大事ですが、その前に事実を確認できる物的証拠がなにより大事になります。
探偵はトラブル解決のプロです。
ぜひご活用下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

熱くなったほうが負け・・・

201420722 | : ■ブログ日記

探偵事務所へは、ご近所トラブルのご相談がよく入ります。
だいたいが何らかのトラブルが発端で、どちらかが嫌がらせを始めるというものなのですが、加害者側も、わざわざ犯行の痕跡を残すように嫌がらせをする人は少なく、警察を呼んだとしても、証拠が無いからと言って、捜査の継続はしないのはほとんどです。
確かに、個人間のつまらない争いで、いちいち警察が呼ばられていては、本来の重大事件に支障が出ますから、警察の言っている事もわかります。
ただ、そのつまらない争いから、重大事件に発展する事も考えられますので、全部とは言いませんが、嫌がらせをしている行為をほっておくというのも考え物です・・・
そこで、民間の調査期間である、我々探偵社の出番です。
しかし証拠をとらえる前に、警察沙汰とかにしてしまって、犯人に警戒させてしまったりすると、我々調査事務所の者が調査をしても、空振りになってしまう事が多いものです・・・
一番賢明なのは、警察に相談する前に、我々調査のプロに依頼をしてしまう事です。
決定的な証拠をつかんだ後で、被害届を出せば、警察も受理するしかなくなり、又加害者側もてきとうな言い訳が出来なくなり、犯行を認めるしかないからです。
証拠が無く、疑惑しかない時点で、相手に詰め寄ったとしても、余程の正直者でもなければ、自分がやったと白状する者はいません。
世の中のトラブルには証拠の有無がとても大事です。
証拠が無ければ、悪人にやられ放題の世の中なのです。
そういう悪に対抗するのは、証拠をつかむまでの間の辛抱が大切です。
熱くなったほうが負けなのです。
こういう案件については、法律家よりも探偵のような身近なトラブル解決機関に相談するほうが賢明なのですが、それを知る人は少ないようです。
ぜひ、我々探偵社にご相談下さい。
茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

突進してくる吸血蠅・・・

201410721 | : ■ブログ日記

先日、公園の駐車場で車の中で不貞行為を繰り返す対象者を撮影する為に、某森林公園の駐車場の裏手の雑木林に、迷彩服を着こんで張り込んでいたときの事です。
猛烈なスピードで近くを昆虫が飛び回っており、ハチだと危険なので確認しましたら、大型の蠅のような昆虫でした。
対象者が不貞行為を始めるまで、蚊と格闘しながらじっとしていると、先程の蠅が自分めがけて突進してくるのです!
迷彩服の生地は厚手なので無事だったのですが、この蠅のような昆虫は「アブ」と呼ばれる吸血虫で、口に尖ったストローのような針があり、それで突き刺して血を吸うのだそうです・・・
私にも向かってきたのですが、厚めの服地に阻まれて、血を吸う事は出来なかったのですが、何度も体当たりをしてくるのにはまいりました・・・
夏の熱帯地獄にもまいりますが、吸血虫との戦いも、これからの地方の探偵は辛いところです。
というか、いい歳してるのにケチって車の中でするなと対象者に八つ当たりしたい気分でした・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

過酷な季節が・・・

201460712 | : ■ブログ日記

探偵にとって一番辛い時季は「真夏」です・・・
冬も確かにキツイのですが、防寒対策をする事ができるので、夏よりはまだマシです。
真夏は、暑いからといって裸になるわけにもいかず、もしも裸になれたとしても、それほど涼しくはないのが真夏の暑さです。
日中の熱気が冷めず、深夜まで暑くなる熱帯夜が続くと、夜間の張り込みは地獄の苦しみになります。
張り込み時は、エンジンを停止した状態にするものですから、当然エアコンは無しとなります。
蚊や虫が入ってくるので、窓も全開には開けられず、まるでサウナの中にいるようになります。
日中の張り込みの場合は、日常の騒音があるので、エアコンを付けることができ、車両での張り込みはなんとかなりますが、徒歩尾行の時の張り込みは、これもまた自殺行為に近いものがあります・・・
殺人熱波の太陽光を浴びながらの立ち張りは、まさに命がけの業務と言えるでしょう。
特に都会の探偵さんたちは、徒歩尾行が多いので大変な時季だと思います。
しかし、夏は開放的な気分になるのか、不倫行為は増えはしても減りはしませんので、繁忙期ではありませんが、そこそこ探偵は忙しい時期です。
毎年思う事ですが、今年は冷夏にならないかなぁと、探偵泣かせの季節を前に祈ってしまうのでありました・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査をしない選択も

201450711 | : ■ブログ日記

探偵事務所は、調査依頼が入れば違法な調査でなければ業務をお受け致しますが、調査をするに値しない案件もあり、当社ではそのようなケースでは、調査をしないようが良いかもしれないとお伝えするようにしています。
仕事ですから、調査依頼はどんどん入った方が良いのですが、無意味な調査をしても、依頼者に無駄なお金を使わせるだけであり、依頼者様の利益を第一に考えるのを方針としている当社では出来かねる行為となるからです。
例えば、人探し等の調査は、手掛かりの数や内容によって、難易度は格段に変わりますが、とても少ない手掛かりでは、いかに探偵といえども日数が掛かります。
料金に糸目はつけないというなら別ですが、月単位の調査期間だった場合、どこの探偵社でも莫大な料金になってしまうことでしょう・・・
そんな大金を払ってまで調査するに値するものなのかどうか、客観的にお伝えすると、依頼者は冷静になって考え直す事が多いものです。
また、色々なデータから個人を特定する調査についても、別人に契約者や所有者になってもらっていた場合、知りたい対象者の情報は得られません。
それを承知で調査に賭けてみるのも一つの手ですが、依頼を受ける前には、それらの事実を正確にお伝えするようにしております。
これらの注意点を、契約前に依頼者に伝えずに、バンバン依頼を受けてしまう探偵社は、悪徳探偵と言っても過言ではありません。
探偵社に相談をしてしまった以上、そこに依頼しなければならないというものではありませんので、探偵社を選ぶ材料として、上記の事を知っておくと良いと思います。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

男性の依頼者

201410707 | : ■ブログ日記

当社は男性依頼者のご相談が多数寄せられます。
社名が「ステルス」などと、少々イカツイ感じがあるからでしょうか?
女性依頼者よりも男性依頼者のほうが割合が多いのです。
女性はもっとソフトな感じの社名の探偵社に目がいくのかもしれませんね・・・
男性の依頼者が多いという事は、奥さんの浮気調査ですから、女性の不倫が多いという結論になります。
当社で扱った案件では、仕事を持っている奥さんの不倫が多く、仕事帰りだったり、仕事に行くふりをしての浮気だったりします。
まだまだ景気が上昇したとは言えない世の中、共稼ぎをしなければならない状況で、お互いが目の届かない所で発散しているということなのでしょう・・・
不倫行為は、男女ともに民法上の不法行為なので良くない事ですが、女性の不倫が増えた事で、その総数は増加しているものと思えます。
探偵業者が増えこそすれ、減らないところを見ても、世の中の不貞行為が一定水準以上行われている証拠です。
男性の依頼者が多いので味方をするわけではありませんが、単身赴任だったり、ぐったりするほと仕事で疲れている裏で、妻に不倫されていたのではたまったものではないでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

違う景色が・・・

201450704 | : ■ブログ日記

号泣しながら謝罪している県議の動画が、もの凄い勢いで配信されまくっているようです。
言葉は支離滅裂で、質疑に対しての返答にはなっておらず、まさに狂乱状態と言っていいと思います。
このようなタイプの方の相談を探偵事務所では受けることがたまにございまして、先日も同業者と話していたところでした。
彼らは、彼らにしか見えない違った景色の中で生きているような気がします。
大部分の人が同じように感じ、同じように分別するところを、別次元の思考で行動する・・・
これらは人格障害という分類に入るようですね。
精神障害よりは軽度な為、社会生活に支障をきたすほどではなく、ときおり暴発した時に周りの人から「なんか変だな」と思われる程度であり、変わり者として扱われて終わりになっている場合が多いと思われます。
今回話題になった人の過去の記事を見ましたら、同僚や上司に議論をふっかけては、喚き散らして、後に謝罪するという事を繰り返していた過去があったとのことで、今回のフルスロットル会見と揶揄されている行動も、その行動原理は同じなのでしょう・・・
常識の範疇の中での個人の個性なら許されるでしょうが、異常な行動をする人間を野放しにし、さらには衆目の代表者として議員活動をさせ、税金を不明瞭な使い方をさせてしまうのは、到底容認できない事です。
国民、県民、市民の代表者となる者には、精神鑑定をしたほうが良いのではないかと思ってしまいました。
なぜなら彼らには権力が与えられるからです。
異常な人間に権力を与えるのは恐ろしい事です。
今回の一件は、世の中には別次元の景色を見ながら生活をしている者が身近にいるという事を知れるいい機会だったのではないでしょうか・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社