2014106

Monthly Archive

公務員の不倫

201410630 | : ■ブログ日記

不倫は良くないものであり、公務員だから不倫してはいけないというものではありません。
不倫は、その誰もがモラルに問われる行為であります。
しかし、公務員ではない一般人においては、当事者同士で解決すれば良い事でも、公務員だとそうはいかない場合もあります。
浮気は公序良俗に反する行為です。
よって、公務員がこれを行うと、「信用失墜行為」として国家(地方)公務員法に違反するとみなされる可能性があります。
また、職務の適格性を欠くとして部内的にも処分を受けることも考えられます。
同じ職場の公務員同士の不倫だったらどうなるでしょうか?
これは、職務中に不倫行為があったとすれば大変な事になるでしょう・・・
現実には公務員の不倫はかなり多く、同じ庁舎内の男女、同じ部署での男女等、身近な相手としている場合が多いので、実に遺憾です。
公共の奉仕者である公務員が、職務中に不倫行為など言語道断ですね。
探偵をしていると、このようなふざけた行為を目の当たりにしてしまいます。
その行為そのものを証拠としてとらえる仕事だから仕方がありませんが、ヘラヘラしながら不倫している公務員を見ていると、撮影していて腹立たしくなってくる時があります。
公務員になれば、特別悪さをしなければ定年まで安泰と思って、火遊びをしているのかもしれませんが、お天道様以外にも見ている者がいるのを知らないと、人生の破滅に導かれることでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

201420624 | : ■ブログ日記

「其の善なる者は偽なり。
人の本来の性質は悪である。それが善であるというのは、努力の結果、そうなったのである。」

という考え方があるようです。
逆に「性善説」というものもありますが、私は前者が正解だと感じます。
探偵をしていると、人の裏の顔ばかり見させられます。
不登校などの問題児を更生させるような塾を経営している名物講師が、裏に回れば不倫した女性を妊娠させ、中絶させるのに多額の慰謝料を払っていたり、家族を蔑にして捨てていたとか、なぜこんな非道な人間が、人の道を説くような仕事をしていられるのか?
人の世はとても怖いものですね・・・
とはいえ、人は皆、欲望の塊です。それを正直に見つめれば、誰もが性悪だと認めらるはずです。
本当の善人とは、その性悪な自分を律し、理性的に生きられる人を言うのではないでしょうか。
そして自他共に認める悪人とは、理性のタガが外れ、本能で生きている者。
一番タチ悪いのが、裏の顔を持って善人ぶっている者で、こういう者が調査対象に多いのです。
このような者は地獄に落としてやりたくなりますが、探偵は調査結果を依頼者に報告したらそこで終わりです。
もちろん刑事事件になっているような事を対象者がしている場合は警察に通報したりする義務はありますが、民事上の悪事であった場合、当事者に解決権があるので、どれだけ憤ったとしても傍観するしかありません。
こういう経験を長年していくと、「人之性悪」というのが、しみじみ真実だなと感じます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

無い所からは取れない・・・

201440619 | : ■ブログ日記

借金トラブルで、お金を貸した相手を探したいというご相談がございます。
しかし、借金をして知らんふりをしているような人は、お金を返す気などさらさら無いと思って間違いないので、中々回収は難しいのが現実です。
先日も、数百万円を貸した相手に裁判まで起こして、支払命令が出ているのにもかかわらず、全く払ってくれないので、勤め先を調べたいという依頼がありました。
しかし、そのような者は、まともな会社に勤めているはずもなく、給料の差し押さえ等は不可能な事案とみて間違いないので、調査については良く検討されたほうが良いとお伝えしました。
確かに数百万を取られたまま泣き寝入りするのは我慢できる事ではありません。
しかし、なんの資産もない者からは、何も取る事はできませんので、調査したり、弁護士に頼んだりすると、さらに余計な出費が増えるだけとなります。
口座を判明させたとしても、おそらくは1円も残ってないかもしれません・・・
悪い人間にお金を貸した自分が悪いとは言いませんが、現実問題として、この世の底辺を彷徨っているような人間から、貸金を返金してもらうのは不可能な場合がとても多いのです。
悪徳探偵であれば、回収もできないような案件でも、回収できるかもしれないと喜ばせて、どんどん調査をしましょうと言うかもしれませんが、当社では、依頼人様の利益を第一に考えて応対しておりますので、そのような事はございません。
しかし、世の現実は正確にお伝えするしかないのです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ご予算に合わせた調査計画を

201430611 | : ■ブログ日記

探偵事務所への調査依頼に関する料金は、正直言って安いものではありません。
最低でも一日に数万円はかかると思って良いでしょう。
一日に短時間の調査をしても数万円はかかりますから、5日から1週間連続で調査をしたら2~30万円は最低でもかかります。
大手の探偵社だったら、100万円は軽くかかると思って間違いないです・・・
しかし、そんな予算を持っている依頼者ばかりではないのも現実です。
なので、調査をあきらめてしまっている方も多い事でしょう。
当社では、そんな方たちにも提供できる調査プランをご用意できますので、あきらめずにご相談頂きたいものです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

W不倫

201440605 | : ■ブログ日記

自分の配偶者が浮気をしている相手にも配偶者が存在している場合、いわゆるW不倫というものになります。
不倫は民事上の不法行為となりますから、慰謝料を請求される行為です。
なので、例えば夫が不倫をしている相手の女性から慰謝料を取る事が出来ると同時に、相手女性の夫から自分の夫が慰謝料を取られる事もあるという事を認識しなければなりません。
離婚に発展すれば、夫からの慰謝料と財産分与、そして浮気相手の女性からの慰謝料を取ることができます。
ただし、この問題が浮気相手の女性の家庭にも波及しているのであれば、自分の夫は浮気相手の女性の夫に慰謝料を払わされる事になり、夫は経済的にかなりダメージとなるでしょう・・・
経済的に困窮すれば、自分に対する支払も滞る事も想定されます。
では、どうするのか?
浮気相手の配偶者には何も知られずに、浮気相手から慰謝料だけ頂くという方法もあります。
ただし、浮気相手が同意すればの話ですが・・・
この辺りの専門は、提携している法律家の出番になりますので、裏方の探偵はこの手前でお役御免ですが、当社では不貞の証拠を裁判で通用するまでのものが揃った時点で、法律家に受け渡せる体制を構築しております。
証拠映像の確保が出来たら、その後の手続きまでフォローできる態勢が整っていますので、安心してご相談下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

不貞行為とは

201420603 | : ■ブログ日記

結論から言うと、不貞行為と認定される証拠とは、肉体的な性交渉が行われた場合になります。
なので、食事をした、手をつないだ、家に行った、デートをした、キスをした等は不貞行為と認められないようです。
では、どのような証拠なら不貞行為と認定されるのかというと、その行為そのものが撮れれば良いのですが、中々それは難しいものがあります。
車の中や野外での行為であれば、行為そのものを撮影する事ができますので、撮れれば最高の証拠となりますが、その他については密室での行為になりますので、現場をおさえるのは難しいです。
ではどうすれば良いか? その場合は、性交渉をしている疑いが強いと思われる行為をおさえる事になります。
一番良いのは、対象者がラブホテルに入り、ある程度の時間が経過した後に出てきた所を撮影する事です。
ラブホテルは、男女がそういう行為をする為の場所であり、例えそこで何もしなかったと主張しても、行為があったとして扱われるからです。
シティホテルの場合は難しく、同じ部屋への出入りや、翌日のフロントでの清算現場等が必要になり、シティホテルへの出入りだけでは認定されない場合が多いです。
異性の家での場合は、その家に一人暮らししているか、家族が居た場合、全員が留守だったという証明が必要でしょう。さらに数時間、又は宿泊したという証明が必要になりますが、それでも相手が否認した場合が中々立証が難しいでしょう。
このように、性交渉があったと客観的に認められる証拠を得るのは中々大変なのです。
浮気相手とどのような行動をしているのか?浮気相手はどのような人物なのか?を知りたいのであれば、行楽地やレストラン等でデートしている映像の確保をしても良いですが、不貞行為をしていると認めさせる証拠とはなりませんので、注意が必要です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵は便利屋ではありません。

201470601 | : ■ブログ日記

相談者の中には、本日今すぐに調査に来てほしいという方がいらっしゃいます。
緊急の調査出動には、調査員の都合がつけば依頼に応える事は可能です。
しかし、業法で調査実施の前には書面での契約を結ぶ事になっておりますので、今すぐ調査現場に行ってくれと言われても無理があります。
せめて数時間の余裕が無ければ、当日の調査はできるものではありません。
「電話で契約できませんか?」と言われた事もありますが、もちろん電話での契約等は認められていませんし、電話での契約という意味がわかりません・・・
さらに料金についてですが、探偵が動けば、最低でも1日に数万円は掛かります。
コンビニのバイトではないのですから、1~2万円で調査ができるものではありません。
街の便利屋さんのように、家にちょっと来て庭掃除をしてほしいという感覚で、探偵の調査を考えていらっしゃる方がおられるようで、とても困惑する事があります。
便利屋の中には、探偵業の届け出を出している所もありますので、そういう探偵モドキの所であれば、安く、先に契約等しなくても調査を引き受けてくれるかもしれません。
しかし、そういう所は調査力が素人丸出しの場合が多く、とてもすすめられるものではありません。
きちんとした探偵社を使用したければ、契約等の手続きを怠らず、ある程度の調査費用は用意しなければなりません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社