2014302

Monthly Archive

探偵の歩き方

201430226 | : ■ブログ日記

探偵は歩き方によく気を付けます。
まず歩き方以前に、どんな靴を履くかが重要になりますが、一番のポイントは音があまりしない靴で地味な色を選ぶという事です。
最近では、革靴の踵を減らさないための鉄板を入れる人はほとんど居なくなりましたが、それでも革靴のような靴の靴底は、歩くとコツコツと音が出ます。
このような音の出る靴は、靴選びの時に即却下となります。では、フォーマルな格好で調査に行かなければならない場面ではどのような靴を履けば良いのでしょうか?
それはゴム底の靴を使用すれば良いのです。最近では、革靴と同じ形状でも靴底はラバーソールになっているものが売っており、そのようなものを選んで使用します。
カジュアルな服装の場合は、ゴム底の靴はありふれていますので、目立つような靴じゃなければ大丈夫でしょう。
さて、靴選びは分かりましたので、本題の歩き方ですが、雑踏の中でしたら足音を気にすることはありません。
しかし、周りに人が少ない状態での尾行、又は対象者と調査員が二人きりになってしまったような尾行の場合は、足音を立てないような尾行をすることが大事です。
暗がりの路上で後ろから足音がしたら、探偵が尾行していると思わなくても、なにやら不安になるものです。
なのであまり音がしない歩き方をするのですが、通常の歩き方は、踵から付いてからつま先に体重が移動して足を踏み出していきます。
しかし、これですと踵を付けた時にする音で1回、つま先を地に付けたときにもう一回音がでます。「カコッカコッ」と二回足音を出しながら歩いているのが普通の歩行です。
これを爪先だけで歩いたらどうでしょう。音は一回だけになります。そして静かに爪先を地に下す事によって、極限まで音を小さくすれば、無音に近い歩行術が可能になります。
この歩行法により、100%とは言えませんが、対象者に注意を向けられるのを防ぐ事ができます。
また、深夜の張り込みの時に動くときも、爪先歩きは大事です。この場合はさらに歩行スピードを遅くし、抜き足差し足のように歩く時もありますが、基本は爪先歩きです。
それでも、砂利の場所だったりすると、どうしても音が出てしまいます。その場合は裸足になる事もあります。
どんなにやわらかいゴム靴でも、人間の素足よりは固いものです。極限まで音を出さないと思ったら素足が一番となります。
さすがに靴下は履いたままですが・・・
このように忍者か泥棒がする身のこなしを取り入れながら、現場調査員は日々頑張っているのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵は空気か石ころ・・・

201420225 | : ■ブログ日記

現実の探偵に要求される資質とはなんでしょうか?
あくまでも現実の話でです。
推理小説に出てくるような探偵ではなく、実際に生業として探偵を職業としている者の資質の話となりますと
ズバリ「目立たない人」という事になります。
つまり特徴が無いのが一番なのです。逆の場合、目立ってしまう人は探偵として不適格と言えます。
ずば抜けて身長が高い又は低い、めちゃくちゃガリガリ又は高肥満、気になるほどの短足や長足、三日月のように顎がシャクレてる、マッコー鯨のようにデコが出ている、真っ青になるほどの髭剃り後、言い出したらきりがないですが、とにかく異常に特徴がある人は向いていないですね・・・
何故かと言うと、調査対象者から興味を持たれてしまうからです・・・
秘密裏に調査を進めるにおいて、これは致命的ですね。
地方の探偵ですと、徒歩尾行が少ないので、車両の中で張り込みしたり、尾行したりすることが多く、身体的な特徴カバー出来るとも言えます。
ただし車についても同じことが言えます。目立つ車は調査用車両には不向きです。
なるべく多くの人が乗っている大衆車で、色も白やグレー、黒等の無難な色にしておく事が望まれます。
なので、フリーの探偵さんや、個人の探偵さん等は家事使用も兼ねて車両を使う事がありますので、気に入った車、そしてその色を選ぶ事ができないと嘆く人もいる位です。
まぁ仕事ですからしょうがないですね・・・
このように探偵は、近くに居ても気にならない、もっと言えば存在すら気付かれないようになる事がとても重要な仕事です。
まさに隠密ですね。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

世の中奇妙な事ばかり・・・

201470223 | : ■ブログ日記

探偵をしていると、とても奇妙な事に遭遇します。
それは依頼内容であったり、調査をしていて偶然に出くわしたりと様々です。
現実に信じられない事、妄想に取りつかれた人の架空の話、この世のものではない話等、探偵を長くやっていると、それだけで本が出来てしまいます・・・
自分の体験だけでも結構なものですが、同業者の話を入れるとシリーズ化ができるのではないかと思うほどです。
妄想系の話では、190cm以上の大男の親子が70歳を過ぎたオバーさんをストーカーしているという案件。
現実の話では、養女との数十年に渡る怪しい関係の養父に対する不倫調査。
心霊系では、思い出したくないような怖い話もあります・・・
これらは単なる一例にすぎません。
仕事ですから、あまり選り好みはできませんが、なるべくなら正常な依頼のみをこなしていきたいものです。
ただ、探偵にならなければ体験することができなかった珍事に遭遇できたことは、ある意味貴重なのかもしれません。
あまりに異常な出来事を体験していると、自分がおかしくなってしまったかなと錯覚することもあるくらいですから・・・
事実は小説より奇なりとは良く言ったものです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

素人探偵にご用心・・・

201450221 | : ■ブログ日記

探偵にもピンからキリまであります。
そして、探偵と呼ぶのもおこがましいような素人探偵も存在します。
探偵事務所の規模で、調査力の優劣はつけがたいものはあります。
例えば全国に支店があるような大手探偵社と、少人数で経営している個人の探偵事務所では、事業の規模の違いだけであり、そこで勤務している調査員の力量については計り得ないものがあります。
なので、大手探偵社だから良いというものではなく、小さな探偵事務所でも地域密着で優良な所もあり、その選定は難しいといえます。
ただ、ほとんど探偵実務の経験が無いようなものが、看板をあげている場合があり、これに引っ掛かるととんでもない事になります。
このような素人探偵の見破り方は、色々ありますが、まず料金について「とても安い」という事があげられます。
個人の探偵事務所ですら、そんな値段では依頼は受けられないというほど安い調査料金を設定している所はとても危ないです。
また、きちんとした事務所を構えておらず、アパートやマンションの一室、又は一戸建ての自宅の一室を事務所にしているような所も、全てではありませんが、素人の可能性は高いです。
そのような探偵は、面談を出先で行おうとしてくるので、事務所に行きたいと言ってみると良いでしょう。
さらに報告書の書き方もわからないような探偵も存在しているのですが、過去の報告書を見てみたいと言ってみると良いかもしれません。
おそらくは「見せられません」と言ってくるかもしれませんが、報告書の見本を提示できないような探偵社は依頼しないほうが無難です。
他に素人探偵に引っ掛からない方法は、タウンページに何年も広告を出せているかとか、ホームページについても古くからあるか等があります。
これらを複合的に検証して、素人探偵かどうかを判別すると良いでしょう。
最低限必要な機材も揃っておらず、基本的な調査方法も知らずに探偵を名乗り、依頼人に不利益を被らせるようなものが居ることにとても憤りを感じます。
探偵業法で未経験者は探偵業務を営業してはならないという条文を付けてほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵VS探偵

201430219 | : ■ブログ日記

たま~にですけど、探偵に調査されてるようなので、調べてほしいという依頼が入ります。
本当に探偵に張り込まれている事もありますし、クライアントの被害妄想だったりすることもあります。
現実に探偵に張り込まれている場合は、実に簡単な調査になります。
同業者ですので、現場調査の手口はバレバレです。
自分だったらどうするかと考えれば、探偵の居そうな場所はすぐに判明しますので、張り込んでいる探偵の映像を確保して調査終了です。
地方の調査ですと、車に発信器を付けられている場合がありますので、その発信器を使って、相手探偵を困らせる悪戯をすることもできます。
もちろん依頼人様のご希望があればですが・・・
ただ、探偵が対象者に調査がバレているというのは、一番恥かしい事ですので、未熟な探偵を懲らしめる意味も込めて、よろこんで引き受けますね。
そして、自分たちもそういったヘマをしないように、未熟な探偵を反面教師として見れるので、たまにこのような依頼が入る事は刺激になって良いと思っています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

離婚後は他人

201460215 | : ■ブログ日記

既に離婚してしまった妻が、実は離婚前から浮気をしていたという疑いが出たので、行動調査をしてほしいという依頼がありました。
親権は妻側にあり、子供は妻と生活していたそうですが、まともに世話をしていない様子なので、勝手に自分の家に連れてきてしまったようです。
子供を使い、元妻のアパートに侵入させ、部屋の中を物色させたり、盗聴器を仕掛けたりもしているとのこと。
婚姻関係にあった相手の事は、半ば所有者のような錯覚になることがあるかと思われますが、離婚した時点で赤の他人となります。
子供に関しては、父母双方共に永遠に親子の関係は続きますが、離婚したら他人として尊重しなければなりません。
自分の子供と言えども、親権者側から勝手に連れ去った場合、誘拐などの罪に問われる可能性があります。
また、子供にさせたとはいえ、無断で家に侵入してICレコーダーを仕込む等も、実行犯ではないにしても共同正犯になってしまいます。
法律は自分の都合の良いように解釈してはダメです。
今回のケースでは、既に離婚してしまっている為に、元妻が現在付き合っている男が居たとしても、婚姻関係にあった当時からの浮気という事が立証できなければ、なんら問題の無い行為となってしまいますし、もし、以前から浮気していたとしても、それを正直に言うとは思えず、調査の時期を逃してしまった案件と言えます。
だからと言って、違法行為を行いながら元妻に探りを入れるのは、自滅してしまう行いですので、絶対にやってはいけません。
元妻の浮気が隠された状況での離婚で、子供の親権まで奪われて、さらには自分の犯罪行為で逮捕等ということになったら目も当てられません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

専門家への相談は大事

201440213 | : ■ブログ日記

探偵は離婚問題を扱う事が多く、それに伴って手続き等のご相談を受ける事があります。
慰謝料や養育費等の相場等、これまで携わってきたもののデータを考慮し、アドバイスは致しますが、それに伴う交渉や文書の作成、法的な相談は提携している法律家の先生に引き継ぐようにしております。
専門知識を持つプロの意見を聞くという事は、とても大事なことです。
ある女性相談者のケースですが、離婚後数年経過しているが、子供の養育費をもらっていなかった為、これまでの養育費はあきらめるにしろ、今後の分については支払ってもらいたいというものがありました。
元夫は払いたくない様子で、なんとかして払わない方に進めようとしているようなのですが、養育費は子供の権利ですので、払わないという事は不可能です。
そこで元夫は、死亡保険金に入るからそれで勘弁してくれという提案をしてきたようです。
死亡保障が数千万というのに目を晦まされた相談者は、元夫が死んだ時に、その死亡保険金が、遺産として子供に相続されると思ってしまったのでした。
おそらく元夫もそのような話をして騙そうとしていたのでしょう・・・
しかし保険金というのは、受取人に全額支払われるものであり、遺産とはならないものなのです。
この保険の受取人は元夫の現在の妻になっており、保険金はこの妻に全額払われることになり、子供が受け取れるものではありません。
女性相談者は、生命保険の外交員をしており、元夫に保険を契約させれば、業務的に成績は上がりますが、養育費の代わりになるような金銭は1円ももらえない状況になる所でした。
保険外交員であれば、当然知っている知識のはずですが、まだ経験が浅かったのが災いしたのでしょう・・・
このように、自分に都合の良い解釈をしても、現実の制度では全く違っているという事柄はこの世にごまんとあります。
現在はネットで調べれば、自分でもあらゆる知識を瞬時に得られますが、言葉の捉え方で勘違いしてしまう事もあるでしょう。
そういう不利益を被らない為に、専門家に頼るべきです。
当社では法律家に引き継ぐまでの間に、探偵でもできるアドバイスを提供し、依頼者様のより良い未来を創るお手伝いをしております。
調査以後のフォローも万全ですので、ぜひご活用下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

浮気調査を最短・最安でする為には・・・

201430212 | : ■ブログ日記

調査のお見積りの際、当社ではご相談者が求める結果へ最も早く、最も安く辿り着くよう最善のプランをご提案をいたしますが
確実なな結果を出すことよりも料金だけを考えて調査をお願いされる場合があります。
例えば、浮気調査で早朝から張り込んだほうが間違いないという場合でも「もっと遅くからでよいです」とぎりぎりの時間を指定されるようなケースです。
多くの場合、ご指定の時間に探偵が到着した時には、既に対象者が出掛けてしまっていたという事態になり、その日の調査は無駄に終わってしまいます。
浮気をしている対象者の行動は、依頼者の予測通りとはいかない場合が多々あります。
なので意外かもしれませんが、ある程度は余裕を持たせて時間を取ったほうが最短、最安で結果が出せます。
当社では、わざと調査時間を長引かせて料金を高くしようとしたり、手を抜いて調査を長引かせたりといったことは絶対に致しません。
逆に、確実な調査の精度を高める為に、調査前に余裕のある調査時間のご提案をしたりしますが、これは自社の利益ではなく、依頼者様の利益に基づくご配慮としてです。
1~2時間の時間延長をケチったおかげで、1日分の調査費を無駄にするのは、どう考えても不利益というものです・・・
当社は、1時間8,000円が行動調査の基本料金です。大手のように1時間2万~4万円という破格の料金ではありません。
ご予算に余裕のない方々でもご依頼できる範囲の料金設定にしております。

十数年以上の調査実績から得たノウハウを基に、調査時間は最短、料金は最安になるようプランを練り、ご提案をさせて頂きます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

交際相手の浮気は・・・

201470209 | : ■ブログ日記

明確な定義はありませんが、「浮気調査」と「不倫調査」は別物という考えがあります。
不倫は婚姻関係にあるものが不貞行為をした時に適用される言葉で、浮気はまだ恋人同士の段階で、別の異性と密接な交際をした時も含まれるという理屈です。
不倫は婚姻という契約関係の不履行に当たりますから、不倫された側は慰謝料などの請求権があると言えます。
浮気で、まだ結婚も婚約もしていない、お互いが独身の状況であれば、交際相手が別の異性と同時に交際していたとしても、モラルの問題は別として、法的に追及する事はできません。
ただ、結婚をにおわす言動があったり、さらにそれに伴って借金をしているような場合は別です。
そのような場合は結婚詐欺に該当する可能性もありますので、刑事罰を含めた報復が可能でしょう。
そうではなく、単なる独身者同士の交際だった場合、相手が浮気をしていたとしても、法的な意趣返しはできません。
交際相手に浮気をされれば、誰でも憤慨するものですが、それでなんらかの報復をしようと考えるのは、自らをも貶める行為です。
平気で浮気をするような相手とはきっぱりと決別し、別の相手を見つけるのがより良い人生というものです。
恋愛トラブルによる仕返しがしたいので、調査をしたいとうご相談には、当社は上記のようにお応えするようにしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

出会い系でのトラブル

201450207 | : ■ブログ日記

会い系サイトで知り合った男女は、トラブルが起こりがちです。
どちらかが嘘を言っており、金銭を借りて返さないというトラブルが多発しています。
知り合ったばかりで、これから恋愛をしようという相手に身元の確認など、とてもじゃないけれど出来ないという気持ちは分かります。
しかし、相手と真剣に付き合いたいのであれば尚更、身元を確認しておくことが大切です。
身元を確認するのに抵抗があるのなら、始めから遊びと割り切り、お金の貸し借りは絶対にしないことです。
出会い系でトラブルになったというご相談で、相手の身元調査を実施しますと、氏名、住所を始め、話のほとんどが嘘を固めたものだったという案件もありました。
また、身元調査の結果、既婚者が独身のふりをしていたなんてことはありふれています。
「なにか怪しい。でも、直接問い正す勇気が出ない……」という際は、ぜひご相談下さい。 
真実がわかれば安心が得られます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »