2014301

Monthly Archive

探偵の嫌な季節とは?

201430115 | : ■ブログ日記

探偵をしていると、、「夏と冬、どっちが調査キツイ?」と、聞かれます。
だいたい皆「夏」と答えます。「冬は着込めば耐えられるけど、夏はムリ!」みたいな感じです。
さらに夏はそれ以外にもあって、夏は明るい時間が長いので張り込みが目立ちます。
明るければ対象を見やすくていいんですが、当然対象からもよく見えてしまいます。
住宅街だった場合は子供が遅くまで遊んでいるので、親達の視線が集まり警戒されます。

真夏・早朝から明るい・住宅街・暇な老人や子供・・・

これらは調査員にとって嫌なキーワードです。

その点、冬は寒いのですが、寒くて家から出ない人が多く、張り込みの時に見回りされる確率が減ったりしますし、夜が長いので比較的やりやすいですね。

なので、総合的に嫌な季節は夏です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

DNA鑑定

201420114 | : ■ブログ日記

芸能人の息子が、自分の子ではなかったというニュースが流れています。
DNA鑑定をした結果、判明したとの事ですが、親子関係の判定は簡単だそうで、血のつながりがあるかないかはすぐに分かるそうです。
世の中には似てない親子というものがおりますが、DNA鑑定をしたらとんでもない事実が判明するかもしれません・・・
探偵をしていると、男女のトラブルばかり見ることとなりますので、夫ではない男の子供を妊娠してしまった女性にも遭遇したりします。
ひどい女になると、不倫相手の男との間にできた子供を、あたかも夫との間にできた子供として中絶をし、一人で水子供養に行ってくるとみせかけ、実は不倫相手と旅行していたという鬼のような女もいました。
あのままでいたら旦那さんも救われなかったでしょうが、探偵に依頼したことにより不倫の事実が証明され、相手の男とは決着が付きました。
その後の様子は知る由もありませんが、奥さんが不倫相手の子供を産んでしまわなかっただけ良かったような気がします。
しかし、どちらの子かわからないのに平気で子供を産んでしまう人もいるのも現実であり、他人の子供を育てさせられる夫の事を考えたら、よくそんな残酷な事ができるものだと、人格を疑ってしまいます・・・
子が出来なくて養子をもらう夫婦もおりますので、血のつながりだけが家族ではないという意見もありますが、それは子が出来なかった人達に当てはまることであり、きちんと血縁が可能な家族に他人の子を紛れ込ますとは正気の沙汰とは言えませんし、子供自身もそれを知った時は絶望感を味わってしまうでしょう。
不倫自体良くない事ですが、不幸な子供を生み出してしまうのはもっと止めてほしい事ですね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ご依頼は余裕をもって・・・

201450110 | : ■ブログ日記

調査のご依頼を「明日お願いします」とか、「今からすぐに」というご相談を受ける時がありますが、物理的に無理があります・・・
調査には綿密な計画が必要であり、機材の準備や点検に要する時間や、調査拠点の下調べも必要ですから、今すぐ現場に急行してと言われても不可能です。
行動調査を例えれば、カメラ一つ持って対象者の所へ行けば結果を得られるというものではありません。
もちろん状況によっては証拠を得られる場合もあるでしょうが、結果を得られる確率は格段に下がるのはまちがいありません。
また、調査員が常に待機しているわけではなく、全員が別の調査案件に張り付いている事もあり、日程の調整も必要です。
なので、最低でも調査当日の2日以上前にご依頼をして頂くのが良いでしょう。
悩んで悩みぬいて、意を決してご相談されてくるのは分かりますが、 希望通りの調査結果を得て頂く為には、多少の余裕をもって調査にのぞむことをおすすめします。
それが依頼者様の利益につながることになるからです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

欲に目がくらむと・・・

201430108 | : ■ブログ日記

東京の都知事選が執行されるようです。
わずか1年足らずで前知事が辞任したためですが、なんともお粗末な最後でしたね・・・
まるで都議会を使ったコントのようなやりとりは、さすが作家だなと思ってしまいますが、あれは作ってるのではなく、天然だからこその大爆笑だったのではないでしょうか?
行政を糾弾していたときの威勢はどこかに吹っ飛び、まるで小学生並みの言い訳を繰り返し、ダラダラと冷や汗を首筋に流しながら狼狽している姿は、チンケなチビのオッサンにしか見せません。
居直れとは言いませんが、もう少し堂々とした対応ができないものかと、憐れにさえ感じました・・・
借りた金を入れたというバックに、借りた分の札束が入りきらないというやりとりは、当の本人にはどのように感じていたのでしょう?
さらに辞任発表の日には「突破する力」という啓発本が発売されるという始末。
ここまで自分の醜態を笑いに変えられる人は過去に居なかったかもしれません。
私見ですが、彼には天然ボケの才能を生かし、また笑いの神様が守護している男として、コメディアンの道を歩んでいただけたらと思います。
なんにせよ、彼も弱い人間の一人だったのでしょう。金の魔力には勝てなかったのかもしれません。
欲に目がくらむと、人生急降下という見本を都知事が体を張ったギャグで教えてくれました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

新年おめでとうございます。

201460104 | : ■ブログ日記

平成26年になりました。
ここ数年、地震や異常気象の災害が増えてきており、昨年は当事務所も洪水による床上浸水の被害に遭いました。
異常に強い台風や、日本には起きないと思われていた竜巻等も毎年発生するようになっており、温暖化による異常気象は本当なのでしょう。
地球規模の環境の事ですし、自然には人間は無力ですから、災害が起きないことを祈るばかりです・・・
しかし、いざ災害が発生したとしても、その被害を最小限に食い止める準備はしておくべきと思い、災害時の防災グッズの用意をし始めました。
備えあれば憂いなしですが、災害が発生しない事が一番ありがたい。
今年は気象災害が少ない年になりますように・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

« 前ページへ