旦那さんが、水商売の女性とできてしまって、その実態の調査を依頼される事があります。
しかし、ホステスさんやキャバ嬢と本当の意味での良い仲になってしまっているのはごく一部です。
だいたいは、お客さんとしての金蔓としか見ていないケースがほとんどです。
枕営業と称して、店につなぎ止める為に深い関係になる事はあっても、そういう女性は他にも同じようなお客さんが存在するものであり、どれだけ男女の関係になったとしても、それは金を落としていってくれるお客さんとしての扱いでしかありません。
こういった商業的な駆け引きに恋愛感情を持ち込んで入れ込んでしまう人がおりまして、無駄なお金を使いまくっていることを懸念して、奥様がその実態を調査してほしいと相談されてきます・・・
相手は手慣れた夜の街の女性です。数回店に通ってくれた辺りで深い関係になってあげて、その後も続くと思わせるのですが、その後は何度も空振りにさせ、店に何度も通わせようとします。
その後は、その女性の経営判断でどうなるかはわかりませんが、二度と男女の関係にさせてもらえずに店に通わさせるケースや、ほどほどで、また深い関係に持ち込めるケース等、女性次第のようですね。
しかし水商売の女性でも好みの男はいるものです。ビジネスと割り切る事が出来ずに本気の付き合いに発展する事もあるでしょう。
ただ、実際はそのようなケースはほとんど無く、ただの金蔓として扱われているのがほとんどです。
奥様から依頼を受け、旦那さんが通っているスナックやキャバクラに客として潜入する事がありますが、90%以上は、数ある客の一人として適当にあしらわれています。
夜の街の女性は恋愛に関しては百戦錬磨のプロと言っても過言ではありません。そんな玄人に、はした金でせまったとしてもどうにもなるものではありません・・・
絶世の美男子との自負でもあれば別ですが(笑)

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社