浮気調査を依頼して確たる証拠を得たとしても、配偶者の浮気相手に対してなんの行動も起こさない方がいらっしゃいます。
人それぞれ価値観が違いますから、どんなにひどい目に遭っても加害者を許せてしまう人もいる事も確かです。
しかし、よくよく聞いてみますと、浮気相手と対峙するのが怖いという意見も多くみられます。
確かに暴力団関係者だったり、反社会的組織の一員だったり、狂犬のような性質の者だったりしたら、身の安全が一番ですから慰謝料は二の次にするのが得策の場合もあります。
しかし、そういう常識の通用しない相手なのかどうかまで調べてしまえば、対応策は容易に立てられます。
自分で交渉するのが困難であれば弁護士を頼む事も考えられますが、離婚裁判に強い弁護士かどうかで、行く末はかなり左右されてしまいますので、弁護士選びが大事です。
探偵社には提携している法律家がおります。浮気調査が業務の大半を占める探偵社と提携している法律家は、離婚問題に強い方ばかりです。
家庭を壊され、自分の人生を狂わせた相手に対して賠償請求をするのは当然の権利です。
調査後のアフターフォローとして、法律家の紹介をし、クライアントの希望に沿って事後の手続きが順調に進むようにお手伝いをいたしますので、安心してご相談下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社