金銭トラブルでの調査のご相談を受けることがありますが、安易にお金を貸してしまっている方が多い事に驚かされます。
借用書があるなら良いほうでして、それすら無いケースもあるものですから、解決の糸口が全く無く、あきらめてもらうこともあります。
また、ろくに相手の素性を知らずにお金を貸してしまっている方もおりまして、人が良いというのか、頼まれたら嫌と言えない性分なのでしょう・・・
しかし、いざ返してもらえない可能性が出てくると、安易にお金を貸してしまった事を後悔し、法律家や探偵にご相談されてくるようですが、結論から言いますと「無い所からはお金は戻ってこない」というのが現実の世の中です。
債務者に現金や不動産、資産と呼べるものがあれば、それを差し押さえる法的な手続きも可能ですが、債務者名義の資産が無く、収入も無いとなれば、どこからもお金の出所が無いのですから、返済は不可能という事になり、債権者は貸したことを悔やむしかできなくなります。
このようなケースでは、実際に資産が無い事を判明させる所までの労力でやめるべきです。というか、それだけをやるべきです。
弁護士でも無い所からお金を取ってくることはできませんから、相談したり動いてもらったりして、弁護士にお金を払う事になると、余計な出費が増えるだけです。
ただし、債務者が将来的に資産を得る事は十分に考えられます。なので、債券の時効が来る前に、1円でも良いので返済をしてもらいましょう。
そしてそれを書面で残しておくのです。そうすれば、その時点からリセットされて時効の期間が延びるので、債券が消えることはありません。
わずかな可能性として、将来的に返金される事に掛ける、これしかないでしょう。
人生の授業料としては高いものになったかもしれませんが、ためらわずにお金を借りようとしてくる人間にろくなものは居ない事を認識して、二度と同じ失敗をしないようにしてほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社