「不貞行為」は、一般に「不倫」といういい方をされています。
ちなみに、辞書で「不倫」を調べると、
・道徳にはずれること
・特に、男女関係で、人の道に背くこと
などと記載されています。
つまり、浮気を含む、少し広い概念、ということろだと思います。
また、俗な言い方として、「婚外恋愛」や「略奪愛」、「火遊び」等などの表現をすることもあります。
では、不貞行為は、法律上はどのように定義させているのでしょうか?
ちなみに、民法では、「不貞行為」について、何等の定義もされておりません。
唯一、裁判上の離婚事由として、民法第770条に記載があるのみです。
民法770条
 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
 一  配偶者に不貞な行為があったとき。

なお、最高裁判所の判例によると、「不貞行為」とは、「配偶者以外の者と自由な意思に基づいて肉体関係を結ぶこと」であると定義されています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社