断捨離という言葉があります。不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことのようです。
探偵社には、調査に関係する資料がたくさんあります。共通に今後も使えるものは大事にとっておく必要がありますが、各個の調査案件についての資料は、依頼者と対象者の個人情報であり、再度のご依頼が無ければ、必要の無いものとなります。
なのでシュレッダーにかけて廃棄します。これは個人情報の保護も含めた大事な事です。
調査資料の破棄は業法でも定められているものでありますので、探偵社の義務となります。当社では1年経過したものについては、調査報告書を除き、調査資料等は全て破棄しておりますので、個人情報の保護は万全です。
報告書については、新規採用の調査員の指導時に使用するので、保存してあります。報告書作成の見本としてはもちろん、添付画像はどのように撮影するかの見本となり、多様な案件ごとの見本があるととても役に立つので、残しておくことにしています。
ただし、厳重に管理された保管庫に保存してありますので、資料が外部に流出することはありません。
パソコン上にも、一時的に保存されるデータはありますが、調査終了後にUSBメモリー等にデータを移動させ、保管庫に保存してありますので、ウイルスによるデータ流出の心配もないようにしてあります。
このように、当社では定期的に断捨離をしながら、必要なものだけ残しておく作業を実施しております。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社