探偵が、自分の都合で動いていると、尾行や張り込みを見つかってしまう事になります。
ではどうすればいいのか? 一度対象者の立場になって行動してみるのが一番いい方法です。
例えば、対象者宅の玄関から外を見たときに自然に目に入る場所だったら、そこは張り込み場所としては最低の場所と言えるでしょう。
このように、対象者の動きを自分に置き換えてみると、絶好の張り込み位置や、尾行間隔の設定ができるようになります。
慣れてくれば、経験から自然と良い場所と悪い場所が瞬時に判別できるようになりますが、それでも事前に確認できるなら、対象者になりきってみるのは大事な下準備と言えます。
優良な探偵事務所は、このような下準備を怠りません。
なので、調査の成功率が上がるのは当然ですし、調査結果についても、より良いものを得てこれるのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社