NHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」が先週で終了しました。
近年まれにみる高視聴率を打ち出したドラマだったようで、熱狂的な人気だったようです。
明るい雰囲気とコメディータッチの演出により、朝から陽気な気分にさせてくれる内容がうけたのではないでしょうか?
前回のドラマがバッドエンドだったのも影響しているのかもしれませんが・・・
そんな、皆が楽しみしていたドラマが終わってしまい、喪失感に苛まれている人が激増しているというニュースを聞きました。
名付けて「あまロス」だそうです。
確かに人間は環境の大きな変化があった場合、気持ちが付いていかずに、憂鬱な気分になる時がありますが、それと同じ現象なのでしょう。
視聴者にそれほどの心理的影響を与えられたとすれば、ドラマの制作者達も本望だったと思います。
テレビの時代は終わったと言われている昨今ですが、良いものを作れば、今でもみんなが見てくれるという証明にもなったのではないでしょうか?
韓国ドラマの再放送ばっかり流してるテレビはうんざりですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社