2013509

Monthly Archive

語るに落ちる・・・

201350927 | : ■ブログ日記

人間、本当の事を言われると頭にくるものです。
人を騙すような人は、自分が問い正された時には、用心しながら話しているので、失言は少ないのですが、ちょっと怒らせるような事を言って、憤慨させてみると、自分からベラベラと喋りだすもので、まさに「語るに落ちる・・・」ということになるようです。
先日、まさにそれを体感するような事があり、古人のことわざとは凄いものがあるなぁと実感しました。
言葉を濁して相手に言っていると、中々ダメージが与えらず、相手も言葉を濁して煙に巻こうとしてくるものです。
なので、場合によっては相手を怒らす気で、ストレートに相手の悪事を糾弾するのも一つの手です。
今回の案件では、自分にある、やましい事をズバっと言われた対象が、慌てふためいて憤慨しながら、弁解しだしたのが運のつきでした。
依頼者には、当社で取得した証拠を渡し、法律家をご紹介しました。
じきにトラブルは解決することでしょう。
人を平気で騙して営業している者は、この世にごまんと居ます。
自分だけで解決しようとせずに、調査事務所や法律家に相談しましょう。
それともう一つ、ニタニタしながら、甲高い声でヘラヘラ喋り、人の話を最後まで聞かず、話を遮るように自分の話をしてくる者は、だいたいが怪しい輩です。
気を付けましょう!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵志望者が辞めていく理由・・・

201370922 | : ■ブログ日記

探偵業界に憧れている人は多いようで、調査現場の現実を知ってか知らずか、やみくもに調査員にさせて下さいと言ってくる人がいます。
しかし、現場に出して張り込みをさせたらすぐに辞めていく人がほとんどです。
探偵の業務で一番多いのが行動調査です。素行調査や浮気調査がそうですが、やることは張り込みと尾行の繰り返しです。
尾行にまで発展せず、ずーっと何時間も何日も張り込みをする事もあります。
不審者と思われて警察を呼ばれたり、近隣住民に取り囲まれたりする事もあります。慣れてくるとそういう目に遭わないような張り込み方も出来るようになるのですが、100%は無理です。
この「張り込み」が嫌で辞めていく人が一番多いですね・・・
夏は猛烈な暑さの中、虫に血を吸われながら、冬は極寒の中、防寒服にカイロを入れながらと、我慢比べのような仕事です。
探偵にどんなイメージを持っているのか分かりませんが、これが探偵の現実なのです。
獲物を狙った爬虫類が、何時間も微動だにせずにジッとしているのと同じなのが「張り込み」です。これが苦痛に感じる人は絶対に探偵にはなれません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

芸能プロ詐欺・・・

201340919 | : ■ブログ日記

子供を狙ったスカウト詐欺が横行しているようです。
芸能プロダクションのスカウトマンを装い 「可愛いお子さんですね!モデルとして活動してみませんか?」等と言って勧誘するのが手口です。
事務所の所属タレントとしてスカウトしているのに、登録料だとか、当初のプロフィール作成料だとか、多額の料金の支払いを要求し、実際にはタレント活動などに発展しないうちにうやむやになっていくという流れらしく、被害者が急増した時期があったようです・・・
親の欲目が出て、うちの子供も売れっ子の子役になれるかもしれないと思ってしまう心理を利用した詐欺ですね。
子供のうちは、よほどの不細工でもない限り、ある程度可愛いものです。しかし、テレビタレントとして通用するかどうか、冷静に考えれば、そこまでの素質があるかどうかは、プロのスカウトマンじゃなくても解るってものです。
可能性としては限りなく低いものではありますが、本物のスカウトマンの目に留まったという場合もゼロではありませんから、全てを拒絶する必要はありませんが、本当に存在している芸能プロダクションなのかどうかの確認くらいはしてほしいものです。
訪問販売やキャッチセールス、電話での勧誘等、相手から近付いてきたものに、まともなものはごく一部だという現実を理解して、契約と支払いは慎重にしましょう。
被害に遭ってからご相談されてくる方がほとんどですが、詐欺会社の実態はつかめても、逃げられた後では取られたお金を取り戻すのは至難の業です。
気を付けましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

労災ゴロ・・・

201320917 | : ■ブログ日記

企業さんからの依頼で、労災ゴロの調査をすることがあります。
最近ではパワハラという言葉が出回っており、パワハラによる精神疾患で業務が不可能になったという診断書を持ってきて、休業補償を要求するというものがあるようです。
実際に従業員に対してパワハラが存在しているのであれば、それはパワハラの加害者として、きちんと補償しなければなりませんが、使用者として従業員に対する指導をパワハラと誇張してくる者も居るので注意が必要です。
ある企業さんからのご相談では、従業員の度重なる業務命令違反により、一か月分の給料を払う事により、解雇としたら、病院からの診断書を持ってきてパワハラ被害で適応障害と不眠症になったので、休んでいる間の給料を補償してほしいと言ってきたそうです。
この企業さんには、就業規則もあり、解雇するのに相当とみられる、度重なる業務命令違反があり、労基署も解雇相当と認めてくれ、会社からのパワハラの事実も無く、全く身に覚えのない言いがかりをつけられているようです。
このような場合、この調査対象となる者の行動調査と、これまでの経歴を調べれば答えは出ます。
元気に浮かれた生活をしていれば、精神疾患等は虚偽の申告でしょうし、以前に勤務していた所を調べて、同じような事をしている事実が出てくれば、企業に入り込んで恐喝行為をしている常習犯と判明します。
企業側にやましい事が無いのであれば、行政機関に訴えたり、訴訟を起こす等と言われたとしても、あわてずに、まず相手を調べ上げましょう!恐喝行為をしてくるような者は叩けばホコリがどんどん出てくるものです。人を訴える事などしたら自分のほうが危なくなるような者ばかりです。
ただし、企業側の方に、従業員から訴えられてもしょうがない事実があるのなら話は別です。
それを隠ぺいしようとして相手の要求を呑んだら最後、いつまでもタカり続けられてしまうでしょう・・・
やってしまった過ちは認めて一回リセットしてしまわないと、余計にドツボにはまってしまうものです。
気を付けましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

狙われたスーパー店員・・・

201360914 | : ■ブログ日記

探偵をしていると、ストーカーが依頼者になりそうになる事があります・・・
当社にも何度かストーカーと思われる人からの相談があり、これまでことごとく断ってきました。
先日は、以前に断ったストーカーがまた電話してきて、以前と同じような依頼をしたいと言ってきました。
それは、ストーカーの近所にあるスーパーでレジ打ちをしている女性店員の自宅を知りたいというものです。
調査の動機は、正当性に欠けるものだったので、忙しくて出来ないので他所に相談して下さいと前回は断りました。
正常な人なら、この探偵社は自分の依頼を断ったのだと気付くものですが、ストーカーをするような人間には、そのような尋常な判断はできないようで、一年以上経っった現在、また同じような相談の電話をしてきたのです。
おおよその住所と苗字はしっており、電話帳にも同じ名前があるところまでは突き止めたらしく、そこから先は探偵に調査してほしいというのですが、なぜ、職場を知っているのに、自宅を調べる必要があるのか?スーパーのレジ打ちをしているのであれば、直接話してもいいだろうし、メモ書きを渡してもいいだろうし、交際を申し込む方法はいくらでもあるのに、なぜそういった通常の接触方法を取らずに、自宅を知りたいのか、その動機を聞くと、しどろもどろになってしまいました・・・
ストーカー事件のニュースでは、ろくな面識も無く、好意も持っていない男性から執拗に付きまとわれて暴力を振るわれたり、殺害されてしまったりする痛ましい事件が伝えられています。
ストーカーの頭の中では、意中の異性と既に交際しているような妄想が出来上がっていたりするようです。
そのような精神異常者の被害者になってしまう人を生み出すような業務を行うわけにはいきません・・・
どう考えても調査をする整合性が見受けられないものについては、当社では調査をお断りする事にしております。
人の最もたる個人情報を扱う仕事ですので、異常な人間にそれを提供するわけにはいきませんので・・・
それにしても、この調査対象者が、このストーカーと思われる者からの被害に遭わない事を祈るばかりです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

秋の風が・・・

201320910 | : ■ブログ日記

9月に入り、さすがに朝晩が涼しい風が吹くようになってきました。
夏が大敵の調査員もそろそろ楽になってくる季節にはいってきたようです。
真夏の熱波は、探偵事務所の調査員にとって、まさに地獄にいるようなものです。
素っ裸になったとしても、夏の暑さだけはどうしようもありません。
ひたすら薄着になって、日かげがあることを祈り、その場所で張り込みが出来れば幸運と思うしかできないのです・・・
まさに命懸けの仕事と化すのが、真夏の行動調査なのです。
これからは、重ね着もできる季節ですし、体に密着していなければならない機器類もポケットに入れておけるようになり、実に軽快に仕事ができます。
一年中、春か秋の季節だと良いと願ってしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

東京オリンピック決定!!

201370908 | : ■ブログ日記

二度目のオリンピック開催が、東京に決まりました!マドリード等と争っていましたが、やはり日本の治安の良さには敵わなかったのでしょう。
暴動が起きている所でオリンピックは無理というものです。
しかし、日本は地震大国でもあります・・・
オリンピック開催に影響が出るような地震は起きてもらいたくないものですねぇ。
また富士山の噴火なども予想されていますが、こういう自然の驚異ばっかりはどうにもなりませんから・・・

経済効果などもかなりのものがあるようですし、これで一気にデフレ脱却に向かって進んでくれると、とてもありがたいです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵の適性は・・・

201360907 | : ■ブログ日記

「探偵になりたいんですが、自分に向いてますか?」という探偵志望か、探偵に興味がある人の質問を受ける時があります。
小規模の探偵事務所で、一人で何役もこなす場合と、大手の探偵社の調査員として専門業務に特化した場合では考え方が違うと思いますが、標準的な調査員としての資質としては、風貌については「めだたない」というのが挙げられます。
例えば、異常に身長が高い、又は低い、病的に太っている、又は痩せている、隠せないほどの出っ歯等、ひと目見ただけでおぼえられてしまうような見た目の人は向いてないと言えます。
どこにでもいるような標準的な体形で、特に特徴の無い顔というのが理想と言えるでしょう。
能力については、「瞬発力のある適切な判断」ができる人と言えます。
行動調査等はまさに一瞬の判断が命運をわける業務ですので、もたもたしていたら決定的瞬間は過ぎ去ってしまうのです。
慎重になるのは大事なのですが、判断に瞬発力がないと良い仕事はできません。
大きく分けると、この2点が探偵の適性と言えると思います。
そして、実際は地味な業務を延々とやるだけの仕事が探偵だという現実を認識して継続できる人である事が一番大事でしょうね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

情報弱者に救いは

201350906 | : ■ブログ日記

年金や生活保護の問題が連日のように取り上げられている昨今ですが、生活保護の不正受給をするような人達の、制度に関する情報収集力は凄いものがあると思います。
不正ですから、何かをごまかしているのですが、制度に対する知識がなければ、ごまかす事はできないはずです。
中には悪知恵を貸して手引きする者もいるのでしょうが・・・
逆に、生活保護を受けても良い境遇の人、また受けるべきであるような人が、制度の内容を知ろうともせずに、困窮した生活をしている場合もあります。
調査をしていく中で知った例ですが、体も悪く高齢で、身内にも扶養力のあるものがいない老人が、まさに生活保護を受けるべき状況であるのに、生活保護が恥かしいという意識から、制度そのものを知ろうともせずに、頑なに拒絶し、辛い肉体労働をして日々を過ごしているというもの・・・
保護を受けるかどうかは本人の意思ですから、それは個人の意思が尊重されるのですが、情報に疎い、または勘違いをしている為のものであったら、それは悲しいことですね。
芝居をうってまで不正に受給しようとしている不逞の輩がごまんといる中、情報弱者であるが為に、逆に真っ当に生きすぎる人もいる事を知り、この問題は根が深いと思いました・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

竜巻が発生!

201340905 | : ■ブログ日記

関東地方で、ここ数日の間に二度も大きな竜巻被害が出ています!
竜巻などは、アメリカの大平原で起きるものだと思っていましたが、こんな小さな島国でも家を壊されるほどの竜巻が発生するようになるとは、びっくりです。
以前には、このような大型の竜巻が発生したという話は、日本ではあまり聞かなかったので、これまでゼロではなかったのでしょうが、ここ数年で頻発するようになってきたのは間違いないでしょう・・・
地震や津波も怖いですが、逃げる間もない竜巻の猛威も怖いものがあります。
これからの住宅は、日本家屋ではなく、洋風の鉄筋コンクリート造の家じゃないと、地震や竜巻に対応できなくなるかもしれませんね。
地震や竜巻をコントロールする術は人間にはありませんので、その猛威を食らった時に耐えられるものにするしかないような気がします。
地球の温暖化が叫ばれていて、本当なのかと疑問に思っていましたが、このような天変地異が何度も発生している現実を見ると、生活を改めて地球の暴走を止めるようにしなければと・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »