2013606

Monthly Archive

世の中ナメてた対象者・・・

201360629 | : ■ブログ日記

以前に依頼された素行調査の対象者を再度調査する事になりました。その対象者は、前の勤め先との取り決めで、退職しても同じ職には就かない事や、顧客に接触しない誓約書を交わしていたのですが、全く守らず、自分自ら起業してしまったのですが、ろくな資金も無く、どうやって会社を運営していくのか、調査をしているこちらも凄く疑問でした。そして今回、数か月の後、再び彼らを調査しましたら、既に会社は崩壊状態・・・
実は法人登記すらされていない始末で、借りた事務所は退去を迫られ、一緒に起業した者には金だけ奪われて逃げられているという状態でした。家族には出社しているように見せかけ、大型店舗の駐車場で一日中暇つぶしをし、夕方に帰宅するという、まったく憐れな末路を見てしました・・・
良くしてくれた、全職の社長の言う事を聞いて、真面目に仕事をしていれば、こんな事にはならなかったはずです。世の中をナメて掛かると、悲惨な末路が待っているという現実を見せ付けられた調査案件でした・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

料金を言わない所を信用できますか?

201350628 | : ■ブログ日記

探偵社によっては、電話相談の時に、料金を言ってくれない所があります。それは「言わない」のではなく「言えない」のです。大規模にやっているように見せている所に多い営業手法ですが、「詳しく話を聞かないと料金は出せないので、とにかく面談しましょう」と言って、電話で料金を言ってくれないようです。確かに概算と綿密な見積は違いますから、誤差は出るはずです。しかし、その誤差を含めて依頼者様は、依頼を検討するのです。
金額を言えない理由は、その莫大な調査料金にあります。そんな金額ならとても依頼できないと断られてしまうので言えないのです。しかし何故面談なら言えるのでしょうか?それはキャッチセールスの如く、とても断れないような営業トークでまくし立て、無理やりに契約に持っていける話術を持っているので、とにかく面談に持っていこうとするのです。酷い所は、どうしても断ろうとすると半値になるそうです。100万だったのが50万にディスカウントできる見積ってあり得るのか、はなはだ疑問です。また悪質な所は、サラ金を紹介しましょうかと言ってくる所もあるそうです。こんな探偵社に引っ掛かってはいけません。小さい規模でも地域密着で、親身に調査をする探偵社はたくさんあります。大きな広告や、芸能人の画像等に騙されてはいけません。そんなスタンドプレーをする所ほど怪しいと思った方が間違いないです。探偵社の調査料は、確かに高いものです。2~3万円で出来る調査はありません。しかし、1日50万とかは、ボッタクり値段としか言えません。優良な探偵事務所なら3回は調査ができてしまいます。面談をしないで契約はできませんから、面談は必ずするものですが、電話で料金を言わない所は面談をしないほうが絶対に無難ですし、時間の無駄になります。気を付けましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

小悪党が手を組んでも・・・

201330626 | : ■ブログ日記

ある会社で、悪事がバレそうになった従業員が、後ろ足で砂を掛けるように退職し、会社に対して背信行為を働いているようなので調査をする事になりました。奴らは勤めていた会社と同じ業種の法人を立ち上げ、これまで勤めていた会社の得意先を横取りするような真似をしていました。しかし、所詮は小悪党が結託したものだけあって、あっという間にそんな会社は立ちいかなくなり、賃金未払いや支払い先への不払い等、金銭トラブルや雇用トラブルが相次ぎ、テナント事務所も退去させらる事になってしまったようです。法人の代表となっていた者は雲隠れしているようですし、その相方も、仕事に行くふりをして一日中ブラブラしている状態と判明しました。悪事を働くような輩同士がくっ付いても、よっぽどの知能犯的力量が無ければ、小悪党が2人になっただけで、何事も成し得ないということですね。なんとも憐れに感じた対象者でした・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

雨の日の車中張り込み・・・

201320625 | : ■ブログ日記

先日、梅雨時期の為か早朝の張り込み中に、もの凄い大雨が降ってきました・・・
車中での張り込みでしたので、雨にぬれる事は無かったのですが、フロントガラスに叩きつけるような雨が降っており、ワイパーを高速で動かさないと前が見えないような状態になりました。ただでさえ、一瞬の動きを見逃せない張り込みの時の目視なのに、雨による障害でさらに困難になりました。住宅地に停車しているだけで、怪しい車と思われそうな状況で、停車中の車がワイパーを高速で動かしている所は、さらに違和感があった事でしょう・・・
このように不自然な行動をしていると、まれに警察を呼ばれたりもする張り込みは、気の弱い探偵さんが足を洗う原因とも言われています。人から怪しまれたりするのは誰も気分は良くありませんが、このへんが鈍感じゃないと探偵は続けられないんでしょうねぇ・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

保護施設は明かせない・・・

201370623 | : ■ブログ日記

DV(ドメスティックバイオレンス)からの避難として、保護施設(シェルター)で生活している女性が存在します。その女性の夫(DV加害者)からの、捜索依頼が探偵社に入る事があります。「DVをしている夫です」と正直に相談してくる依頼者がいるはずもなく、もっともらしい理由を付けて、失踪した妻を探してほしいという依頼をしてきます。探偵社も、面談の時にそれが嘘かどうかを見抜くのは至難の業であり、調査結果を違法な行為に使用しないという誓約書を書いて頂くのが精一杯です。しかし、調査の過程で、対象者が保護施設に避難していたという事が発覚した場合は、調査結果を依頼者に報告する事はできません。誓約書に反する依頼であり、なにより法に触れる業務になってしまうからです。DV等と呼ばれていますが、ただの暴力行為に変わりはありません。夫婦であってもお互いに独立した人間です。自分の所有物のように扱い、さらには暴力を振いまくっていいはずがありません。どうしても配偶者と再会したのであれば、まずは自分を改めるのが先決とは思えないのでしょうか・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

いじめ防止法成立

201360622 | : ■ブログ日記

いじめによる自殺が社会問題になり、いじめ防止法が21日に成立したようです。
いじめが発生している現場は、子供が通っている学校が主な場所ですから、教育現場の対応がきちんとなされていれば、このような法律は必要なかったはずです・・・
どこからどう見ても、いじめとしか言いようのない行動が見て取れるのに、いじめは無かったと隠ぺいしようとする学校側の保身しか考えていない対応では、こういった法律を作るしかなかったのでしょう。問題が起きた学校にペナルティを与えるのではなく、問題が起きたらそれをどう対処したのかについて評価すれば良いはずです。いじめが起きたら、徹底していじめた側を教育処分して、いじめを無くす努力をし、それでも駄目なら司法にゆだねてしまう位の強烈な対処をすべきです。いじめとは言葉であって、ただの暴力です。怪我をすれば傷害罪になる行為です。窃盗罪を万引きと言っているのと同じです。いじめ防止法等というおかしな法律が出来てしまったのは、すべて教育現場の次元の狂った対応にあるのだと思いますね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ストーカー規制法が改正

201350621 | : ■ブログ日記

迷惑メールを繰り返し送る行為を「つきまとい行為」の対象に加えるストーカー規制法改正案が参院本会議で全会一致により可決、参院を通過しました。ドメスティックバイオレンス(DV)防止法改正案も参院通過。
両改正案とも成立する見通しです。
現行のストーカー規制法は、電話やファクスによる迷惑行為を規制しますが、メールを対象外としてきたため、法の不備が指摘されていました。改正案は禁止命令を出す権限を、被害者の住所地だけでなく、加害者が住む地域を管轄する公安委員会にも与えたようです。
ストーカー対策のご相談は、当社にも多数よせられますが、法の整備が整う事はとても良い事だと思います。
これで、ストーカー行為をする者が減ってくれれば良いのですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

浮気相手は身近に潜んで・・・

201340620 | : ■ブログ日記

浮気調査をして結果が出ると、浮気相手は元カノや元カレだったり、学生時代の同級生や先輩後輩だった間柄の人だったり、職場の同僚や、配偶者の知り合いだったりと、過去や現在に密接な関係だった人が多いものです。
今でこそ、出会い系サイト等で見知らぬ相手と交際できるとも言われていますが、実際は出会えない系サイトと揶揄されているように中々出会えないようで、サイト運営をしている者だけが儲かるしくみのようです。
なので、現実には不倫相手の異性に出会うのは、これまでに知り合いだった者のケースが多いのです。
全く知らない人が相手なら・・・と依頼者が落胆する姿は、いつ見ても同情してしまいます。不倫は良くない事に変わりありませんが、配偶者が良く知る者との不倫というのは、さらに残酷なものと言えるでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

機器の進歩は凄い・・・

201330619 | : ■ブログ日記

事務所を片付けていて、今は使わなくなった機器を懐かしがって見てみると、現在の機器は数十年前に比べたら夢のような高性能、高機能、超小型化されており、機器類の進歩は凄いんだなぁとあらためて感じました。
現在の便利な機器類に慣れてしまっている為に、過去の事を思い出さないと、便利になった状況に有難味がでませんが、実際によく考えてみると、驚くべき進化です。デジカメについては、量販店に売っている市販のものが、昔のスパイ映画に出てくるような小型で高性能なものばかりですし、ビデオカメラにおいてもそうです。さらになんといっても凄いのはスマートフォンでしょう。電話と言うよりは全世界と繋がっている情報端末と言うべきであり、これを個人が持てるという現代は凄いですね・・・平成生まれの人は、出先からは公衆電話で連絡を入れてた時代があった事が信じられないでしょう。ただ、どんなに進歩した機械でも人が操作しなければ動きません。我々探偵も最先端の機器を使用する仕事です。過去は懐かしむだけにして、進化した機器を自由自在に使いこなせるように常に研究していなければなりませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

病院で番号で呼ばれて激怒???

201320618 | : ■ブログ日記

岩手県の県議会議員が病院の対応に腹を立て、会計をせずに帰ったことなどを自らのブログに書き込んで大問題になっているそうです。なんでも、名前で呼ばずに番号で呼ばれたのが刑務所の受刑者のように扱われたと感じたと言うことらしいですが、なんとも世の中には次元の狂った人がいるものです。現在の個人情報保護の観点から言えば、不特定の人がいる病院で名前で呼ばれる事の方が、病院に来ていたという事が大勢の人に分ってしまう恐れがあり危険ですし、病院側としては、同姓同名の人が居た場合の区別にもなり、番号で呼ぶ事にはデメリットは、あまりないように思えます。人はそれぞれ色んな感じ方をするものですから、当該県議が受刑者のように感じた事は別に自由でしょうが、それに憤慨して金も払わずに、さらに自信のブログに、あたかも正論のように書き込んで世に発信しているのが、物事を考える思考基準が狂っているとしか思えません。このような人を県民の代表に選んではいけませんね。どんなおかしな政治をされるか、わかったものではないですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »